ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列を検索してその最初の文字位置を返す(InStr 関数,InStrB 関数)

   

InStr 関数・InStrB 関数の使い方


【書式】

result = { InStr | InStrB } ( [ start ], string1, string2 [, compare ] )


引数・戻り値

  • start  ・・・  検索の開始位置を指定します。省略すると、先頭の文字から検索されます。もし、start に、Null 値が含まれている場合は、エラーが発生します。省略可能。ただし、引数 compare を指定した場合は、start を省略することはできません。
  • string1  ・・・  検索対象の文字列・文字列式を指定します。
  • string2  ・・・  引数 string1 内で、検索する文字列を指定します。
  • compare  ・・・  文字列の比較モード(-1,0,1)を指定します。省略時は、「Option Compare ステートメント」の設定により比較モードが決まります。

    定数 内容
    -1 vbUseCompareOption Option Compare ステートメントの設定を使用して比較
    0 vbBinaryCompare バイナリモードの比較
    1 vbTextCompare テキストモードの比較(大文字・小文字を同一視)
    2 vbDatabaseCompare Microsoft Access の場合のみ有効


  • result  ・・・  ある文字列(string1)の中から指定した文字列(string2)を検索し、最初に見つかった文字位置。( ※ InStr の場合は、先頭からその位置までの文字数InStrB の場合は、先頭からその位置までのバイト数。)

    内容 戻り値
    string1 が長さ 0 の文字列(””) 0
    string1 が Null 値 Null 値
    string2 が長さ 0 の文字列(””) start
    string2 が Null 値 Null 値
    string2 が見つからないとき 0
    string2string1 内で見つかったとき 見つかった文字列の位置
    InStr は、文字数、InStrB はバイト数
    start の値が string1 の文字数を超える時 0




InStr 関数・InStrB 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

InStr 関数 例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

変数が日付型かどうかをチェックする( IsDate 関数 )

IsDate 関数の使い方 【書式】 result = IsDate( expr …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

上付き文字・下付き文字(Superscript,Subscript)

上付き文字(Superscript プロパティ) Superscript プロパ …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont) 例
フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont)

フォント名を取得・設定する(Name プロパティ) Name プロパティは、オブ …

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

多次元配列 【書式】 多次元配列の宣言 <静的配列(固定長配列)> Dim my …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …

色の設定(Color プロパティ・RGB 関数)

Color プロパティ Color プロパティは、指定したオブジェクトの色を取得 …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …