ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列(宣言・要素数の変更について)

      2015/04/01

配列の宣言


【書式】※ 配列の宣言

Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言>
Dim myArray ( [ lower To ] upper ) As Type

<Variant(バリアント)型の静的配列(固定長配列)の宣言>
Dim myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Variant ]

Type 型の動的配列の宣言>
Dim myArray () As Type

<Variant(バリアント)型の動的配列の宣言>
Dim myArray () [ As Variant ]


【書式】※ 要素数の変更

Type 型の配列の要素数の変更>
ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Type ]

<Variant(バリアント)型の配列の要素数の変更>
ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Variant ]


【各項目の説明】

  • myArray  ・・・  配列の変数名
  • lower  ・・・  配列の添字最小値(先頭のインデックス:省略可 ⇒ 省略した場合、「0」あるいは、Option Base 1 を指定している場合は「1」となります。)
  • upper  ・・・  配列の添字最大値(末尾のインデックス)
  • Type  ・・・  変数のデータ型 を指定します。

Preserve:配列の要素数を変更する際、その配列にすでに格納されている値を失わずに要素数を変更するためのキーワードです。
(※ これを使用する時は、配列の次元 を変更することはできません。)

一度宣言した静的配列の要素数・次元を変更することはできません。動的配列の場合、何度でも変更することが可能です。



配列の宣言 実例

VBAソース


実行結果

配列 使用例 01




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

指定した数値を文字列に変換する(Str 関数)

Str 関数 の使い方 Str 関数は、数値・数式を文字列に変換して返す関数です …

文字列:文字列を指定した形式に変換する(StrConv 関数)

StrConv 関数の使い方 【書式】 result = StrConv ( s …

文字に下線を設定する(Underline プロパティ)

下線を設定(Underline プロパティ) Underline プロパティは、 …

Array 関数(1)
Array 関数(バリアント型の配列を作成)

Array 関数の使い方 【書式】 myArray = Array ( elem …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

文字列:2つの文字列を比較する(StrComp 関数)

StrComp 関数の使い方 【書式】 result = StrComp ( s …

文字列:文字を指定数並べた文字列を返す(String 関数)

String 関数 【書式】 result = String ( number, …

Const ステートメント
ユーザー定義定数(Const ステートメント)

定数を使う ユーザー定義の定数を使用するには、Const ステートメントを使って …

Collection 01a
コレクション(Collection)オブジェクト「連想配列」

コレクション(Collection)オブジェクトの使い方 【書式】 Dim my …

Join 関数
Join 関数(配列の要素を結合)

Join 関数 1次元配列の各要素を指定した区切り文字で連結します。 【書式】 …