ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列(宣言・要素数の変更について)

      2015/04/01

配列の宣言


【書式】※ 配列の宣言

Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言>
Dim myArray ( [ lower To ] upper ) As Type

<Variant(バリアント)型の静的配列(固定長配列)の宣言>
Dim myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Variant ]

Type 型の動的配列の宣言>
Dim myArray () As Type

<Variant(バリアント)型の動的配列の宣言>
Dim myArray () [ As Variant ]


【書式】※ 要素数の変更

Type 型の配列の要素数の変更>
ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Type ]

<Variant(バリアント)型の配列の要素数の変更>
ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Variant ]


【各項目の説明】

  • myArray  ・・・  配列の変数名
  • lower  ・・・  配列の添字最小値(先頭のインデックス:省略可 ⇒ 省略した場合、「0」あるいは、Option Base 1 を指定している場合は「1」となります。)
  • upper  ・・・  配列の添字最大値(末尾のインデックス)
  • Type  ・・・  変数のデータ型 を指定します。

Preserve:配列の要素数を変更する際、その配列にすでに格納されている値を失わずに要素数を変更するためのキーワードです。
(※ これを使用する時は、配列の次元 を変更することはできません。)

一度宣言した静的配列の要素数・次元を変更することはできません。動的配列の場合、何度でも変更することが可能です。



配列の宣言 実例

VBAソース


実行結果

配列 使用例 01




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Array 関数(1)
Array 関数(バリアント型の配列を作成)

Array 関数の使い方 【書式】 myArray = Array ( elem …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

DateSerial 関数 TimeSerial 関数 使用例
日付時刻:数値から日付・時刻データを取得( DateSerial 関数、TimeSerial 関数 )

DateSerial 関数(数値を使って日付データを取得) 【書式】 date …

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

Round 関数(丸め)の使い方 【書式】 value = Round ( ex …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

VBAの変数宣言

VBAの変数宣言について 変数を暗黙的に宣言する エクセル VBA の場合、明示 …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …