ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列(宣言・要素数の変更について)

      2015/04/01

配列の宣言


【書式】※ 配列の宣言

Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言>
Dim myArray ( [ lower To ] upper ) As Type

<Variant(バリアント)型の静的配列(固定長配列)の宣言>
Dim myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Variant ]

Type 型の動的配列の宣言>
Dim myArray () As Type

<Variant(バリアント)型の動的配列の宣言>
Dim myArray () [ As Variant ]


【書式】※ 要素数の変更

Type 型の配列の要素数の変更>
ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Type ]

<Variant(バリアント)型の配列の要素数の変更>
ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper ) [ As Variant ]


【各項目の説明】

  • myArray  ・・・  配列の変数名
  • lower  ・・・  配列の添字最小値(先頭のインデックス:省略可 ⇒ 省略した場合、「0」あるいは、Option Base 1 を指定している場合は「1」となります。)
  • upper  ・・・  配列の添字最大値(末尾のインデックス)
  • Type  ・・・  変数のデータ型 を指定します。

Preserve:配列の要素数を変更する際、その配列にすでに格納されている値を失わずに要素数を変更するためのキーワードです。
(※ これを使用する時は、配列の次元 を変更することはできません。)

一度宣言した静的配列の要素数・次元を変更することはできません。動的配列の場合、何度でも変更することが可能です。



配列の宣言 実例

VBAソース


実行結果

配列 使用例 01




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

変数がオブジェクト型かどうかをチェックする( IsObject 関数 )

IsObject 関数の使い方 【書式】 result = IsObject ( …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

TextToColumns メソッド
セルのデータを区切り文字で複数のセルに分割する(TextToColumns メソッド)

TextToColumns メソッド TextToColumns メソッドを使用 …

定数(改行・タブ) 使用例
文字列:定数(改行・タブ)

改行・タブの定数 これらの定数は、使用前に定義する必要はありません。コード中のど …

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

Partition 関数 の使い方 Partition 関数は、ある数値が、区切 …

no image
XlThemeColor 列挙型

XlThemeColor 列挙 定数 値 内容 xlThemeColorDark …

IsArray 関数 例
変数が配列かどうかをチェックする( IsArray 関数 )

IsArray 関数の使い方 【書式】 result = IsArray( va …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort)

VBAでリスト、テーブルを並べ替える(Sort) VBAで、ソートを行うには、S …