ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列の一部を別の文字列で置換(Replace 関数)

   

Replace 関数の使い方


【書式】

result = Replace ( string, find, replace [, start, count, compare ] )


引数・戻り値

  • string  ・・・  任意の文字列・文字列式を指定します(置換する文字列を含む)。
  • find  ・・・  検索する文字列を指定します。
  • replace  ・・・  置換する文字列を指定します。
  • start  ・・・  引数 string 内で、文字列 find の検索を開始する位置をしていします。左端の文字を「1」とします。省略すると「1」が使用されます。
  • count  ・・・  置換する文字列の回数を指定します。「-1」を指定するとすべての候補が置換されます。省略すると「-1」が使用されます。
  • compare  ・・・  文字列を比較するときの比較モードを指定します。(設定する値は、下表「compare の設定値」を参照)
  • result  ・・・  引数 string の中で、start の位置以降で、findreplace で、count で指定された回数分( count が「-1」の場合はすべて)置換した結果(文字列型:String)。

    Replace 関数の戻り値について

    条件 戻り値
    引数 strong が長さ0の文字列(“”) 長さ0の文字列(“”)
    引数 strong が Null 値を含む エラー
    引数 find が長さ0の文字列(“”) 引数 strong のコピー
    引数 start が、引数 string の文字数より大きい場合 長さ0の文字列(“”)
    引数 count が 0 の場合 引数 strong のコピー


compare の設定値

定数 内容
-1 vbUseCompareOption Option Compare ステートメントの設定を使用して比較
0 vbBinaryCompare バイナリモードで比較(規定値)
1 vbTextCompare テキストモードで比較
2 vbDatabaseCompare Microsoft Access の場合のみ有効


Replace 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Replace 関数 例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
VBA の演算子(比較演算子)

比較演算子 比較演算子による演算の結果は「真」の場合は「True」、「偽」の場合 …

フォントの設定(Font プロパティ)

フォントの設定(Font プロパティ) 指定されたオブジェクトのフォント情報(F …

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

Partition 関数 の使い方 Partition 関数は、ある数値が、区切 …

Split 関数(文字列型の一次配列を作成)

Split 関数の使い方 【書式】 myArray = Split ( expr …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …

no image
VBA の演算子(算術演算子)

算術演算子 算術演算を行うときに使用する演算子です。 ^(べき乗)、*(積)、/ …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …