ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列の一部を別の文字列で置換(Replace 関数)

   

Replace 関数の使い方


【書式】

result = Replace ( string, find, replace [, start, count, compare ] )


引数・戻り値

  • string  ・・・  任意の文字列・文字列式を指定します(置換する文字列を含む)。
  • find  ・・・  検索する文字列を指定します。
  • replace  ・・・  置換する文字列を指定します。
  • start  ・・・  引数 string 内で、文字列 find の検索を開始する位置をしていします。左端の文字を「1」とします。省略すると「1」が使用されます。
  • count  ・・・  置換する文字列の回数を指定します。「-1」を指定するとすべての候補が置換されます。省略すると「-1」が使用されます。
  • compare  ・・・  文字列を比較するときの比較モードを指定します。(設定する値は、下表「compare の設定値」を参照)
  • result  ・・・  引数 string の中で、start の位置以降で、findreplace で、count で指定された回数分( count が「-1」の場合はすべて)置換した結果(文字列型:String)。

    Replace 関数の戻り値について

    条件 戻り値
    引数 strong が長さ0の文字列(“”) 長さ0の文字列(“”)
    引数 strong が Null 値を含む エラー
    引数 find が長さ0の文字列(“”) 引数 strong のコピー
    引数 start が、引数 string の文字数より大きい場合 長さ0の文字列(“”)
    引数 count が 0 の場合 引数 strong のコピー


compare の設定値

定数 内容
-1 vbUseCompareOption Option Compare ステートメントの設定を使用して比較
0 vbBinaryCompare バイナリモードで比較(規定値)
1 vbTextCompare テキストモードで比較
2 vbDatabaseCompare Microsoft Access の場合のみ有効


Replace 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Replace 関数 例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

指定した値を16進数で表記した文字列に変換する(Hex 関数)

Hex 関数 の使い方 【書式】 result = Hex ( expressi …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

Option Compare Text 例
Option Compare ステートメント

Option Compare ステートメントの使い方 【書式】 Option C …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

オートシェイプの種類を表す定数
オートシェイプの種類を表す定数(MsoAutoShapeType 列挙型)

MsoAutoShapeType 列挙型 オートシェイプオブジェクトの図形の種類 …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

Erase ステートメント(配列の初期化・動的配列のメモリ解放)

Erase ステートメントの使い方 【書式】 Erase myArray [, …

変数宣言と変数のデータ型
変数のデータ型・宣言(Dim ステートメント)

変数の宣言 一般的な方法 【書式】 Dim varname [ As type, …

TextToColumns メソッド
セルのデータを区切り文字で複数のセルに分割する(TextToColumns メソッド)

TextToColumns メソッド TextToColumns メソッドを使用 …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …