ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

   

Partition 関数 の使い方


Partition 関数は、ある数値が、区切られた複数の範囲の中、どの範囲に含まれるかを示す文字列を返します。

【書式】

result = Partition ( number, start, stop, interval )


引数・戻り値

  • number  ・・・  対象となる整数。
  • start  ・・・  範囲全体の先頭となる正の整数または 0。
  • stop  ・・・  範囲全体の末尾となる start よりも大きい整数。
  • interval  ・・・  各範囲の長さを示す1以上の整数。
  • result  ・・・  number が、どこの範囲にあるかを示す文字列
    (書式は、「範囲の先頭の数値:範囲の末尾の数値」)。
    (例)result = Partition( 25, 1, 100, 20 )
     ⇒ result は、21:40 となります。


引数 interval に 1 を指定した場合
引数の startstop にかかわらず、戻り値 resultは、
number:number 」となります。

引数 number が、範囲外の場合
number が、引数の start より小さい場合の戻り値 resultは、
 :start – 1 」となります。
number が、引数の stop より大きい場合の戻り値 resultは、
stop + 1:  」となります。



Partition 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Partition 関数 例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フォントサイズ(Size,StandardFontSize)例
フォントサイズ(Size プロパティ・StandardFontSize プロパティ)

フォントサイズを取得・設定する(Size プロパティ) Size プロパティは、 …

上付き文字・下付き文字(Superscript,Subscript)

上付き文字(Superscript プロパティ) Superscript プロパ …

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

列挙型変数(Enum ステートメント)

列挙型変数を使う 列挙型変数を使用するには、Enum ステートメントを使って、宣 …

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

多次元配列 【書式】 多次元配列の宣言 <静的配列(固定長配列)> Dim my …

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方 【書式】 <先頭と末 …

配列の添字の最小値を「1」に設定する

Option Base ステートメントを使用する 【書式】 Option Bas …

変数が日付型かどうかをチェックする( IsDate 関数 )

IsDate 関数の使い方 【書式】 result = IsDate( expr …

ClearContents メソッド 例01
データをクリアする(ClearContents メソッド)

ClearContents メソッド 対象がセル範囲(Range オブジェクト) …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …