ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

   

Partition 関数 の使い方


Partition 関数は、ある数値が、区切られた複数の範囲の中、どの範囲に含まれるかを示す文字列を返します。

【書式】

result = Partition ( number, start, stop, interval )


引数・戻り値

  • number  ・・・  対象となる整数。
  • start  ・・・  範囲全体の先頭となる正の整数または 0。
  • stop  ・・・  範囲全体の末尾となる start よりも大きい整数。
  • interval  ・・・  各範囲の長さを示す1以上の整数。
  • result  ・・・  number が、どこの範囲にあるかを示す文字列
    (書式は、「範囲の先頭の数値:範囲の末尾の数値」)。
    (例)result = Partition( 25, 1, 100, 20 )
     ⇒ result は、21:40 となります。


引数 interval に 1 を指定した場合
引数の startstop にかかわらず、戻り値 resultは、
number:number 」となります。

引数 number が、範囲外の場合
number が、引数の start より小さい場合の戻り値 resultは、
 :start – 1 」となります。
number が、引数の stop より大きい場合の戻り値 resultは、
stop + 1:  」となります。



Partition 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Partition 関数 例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

乱数(Rnd 関数)例1
乱数を生成する(Rnd 関数)

Rnd 関数の使い方 Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動 …

現在の日付時刻を取得する
日付時刻:現在の日付・時刻を取得・設定(Now、Date、Time)

現在の日付・時刻を取得・設定 現在の日付・時刻を取得(Now 関数、Date 関 …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

Dictionary オブジェクト 使用例1
連想配列(Dictionary オブジェクト)

連想配列 連想配列とは、添字(キー)に文字列を使用することができる配列です。 V …

配列の添字の最小値を「1」に設定する

Option Base ステートメントを使用する 【書式】 Option Bas …

インプットボックスを表示する(InputBox関数・InputBoxメソッド)

「InputBox関数」と「InputBoxメソッド」の違い 「InputBox …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

no image
VBA の演算子(比較演算子)

比較演算子 比較演算子による演算の結果は「真」の場合は「True」、「偽」の場合 …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

文字列:文字を指定数並べた文字列を返す(String 関数)

String 関数 【書式】 result = String ( number, …