ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

VBA の演算子(文字連結演算子:& 演算子 + 演算子)

      2015/04/16

文字連結演算子

文字連結演算子は、文字列の連結を行うときに使用する演算子で、「&」または「+」を使用します。


& 演算子 の使い方

【書式】

result = exp1 & exp2


引数・戻り値の説明

  • exp1,exp2  ・・・  任意の式を指定します。
  • result  ・・・  任意の文字列型 (String) またはバリアント型 (Variant) の変数を指定します。

exp1exp2両方が文字列型の場合、演算結果 result文字列型になります。
exp1exp2両方または一方が文字列型以外の場合(Null 値を除く)は、バリアント型(内部処理形式が文字列型)になります。
exp1exp2両方が、Null 値の場合、演算結果 resultNull 値になります。
exp1exp2いずれかが、Null 値の場合、演算結果 result は、Null 値でないもう一方の値となります。
また、exp1exp2 が、Empty 値を持つ式の場合、長さ 0 の文字列として扱われます。



+ 演算子

【書式】

result = exp1 + exp2


項目の説明

  • exp1、exp2  ・・・  任意の式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

+ 演算子を使用した場合、加算と文字列連結のどちらが行われるのかが分かりにくい場合があるので注意してください。




VBA 論理演算子の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

文字列連結演算子使用例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

指定した数値を文字列に変換する(Str 関数)

Str 関数 の使い方 Str 関数は、数値・数式を文字列に変換して返す関数です …

引数の整数部分を取得する(Fix 関数・Int 関数)

Fix 関数・Int 関数の使い方 【書式】 number_fix = Fix …

日付時刻:年・月・日を取得(Year、Month、Day 関数)

日付から年・月・日を取得する関数 【書式】 date_year = Year ( …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …

Erase ステートメント(配列の初期化・動的配列のメモリ解放)

Erase ステートメントの使い方 【書式】 Erase myArray [, …

ClearContents メソッド 例01
データをクリアする(ClearContents メソッド)

ClearContents メソッド 対象がセル範囲(Range オブジェクト) …