ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

インプットボックスを表示する(InputBox関数・InputBoxメソッド)

      2015/06/16

「InputBox関数」と「InputBoxメソッド」の違い

「InputBoxメソッド」の場合は、返すデータ型を引数で指定することができます。ユーザーにセル範囲を選択させる場合(データ型をRange型に指定)は、InputBoxメソッドを使用します。
また、[キャンセル] ボタンや [×] ボタンを押した場合「InputBox関数」の場合は「空文字(””)」「InputBoxメソッド」の場合は「False」を返します。


InputBox関数



【書式】
result = InputBox ( Prompt [ Title, Default, Xpos, Ypos, HelpFile, Context ] )

【引数】

  • Prompt ・・・ 表示する文字列
  • Title      ・・・ ダイアログボックスのタイトルバーに表示する文字列(省略可)
  • Default ・・・ デフォルトで表示する文字列(省略可)
  • Xpos     ・・・ 左端位置(単位はTwip)(省略可)
  • Ypos     ・・・ 上端位置(単位はTwip)(省略可)
  • HelpFile ・・・ ヘルプファイルのファイル名(省略可)
  • Context ・・・ ヘルプトピックに指定したコンテキスト番号(省略可)

【戻値】

  • result  ・・・ ユーザーが入力した値(文字列型:String)


引数 Title を省略すると、「Microsoft Excel」となります。

引数 Helpfile に、使用するヘルプファイルの名前を使用することで [F1] キーを押してヘルプを参照できるようになります。このとき 引数 Context も指定する必要があります。

[キャンセルボタン] や右上の [×] ボタンを押した場合の戻り値は、空文字(””)となります。

Twip は、長さを表す単位で、1/20ポイントです。


InputBoxメソッド



【書式】
result = Object.InputBox ( Prompt [ Title, Default, Left, Top, HelpFile, Context, Type ] )

【引数】

  • Prompt ・・・ 表示する文字列
  • Title      ・・・ ダイアログボックスのタイトルバーに表示する文字列(省略可)
  • Default ・・・ デフォルトで表示する文字列(省略可)
  • Left     ・・・ 左端位置(単位はポイント)(省略可)
  • Top     ・・・ 上端位置(単位はポイント)(省略可)
  • HelpFile ・・・ ヘルプファイルのファイル名(省略可)
  • Context ・・・ ヘルプトピックに指定したコンテキスト番号(省略可)
  • Type     ・・・ 定数:返すデータ型(省略可)⇒ 戻値データ型一覧表

【戻値】

  • result  ・・・ ユーザーが入力した値(Variant型:引数 Type で指定した型)


引数 Title を省略すると、「Microsoft Excel」となります。

引数 Helpfile に、使用するヘルプファイルの名前を使用することで [F1] キーを押してヘルプを参照できるようになります。このとき 引数 Context も指定する必要があります。

[キャンセルボタン] や右上の [×] ボタンを押した場合の戻り値は、「False」となります。

Left, Top は、Excel2007 以降ではどんな値を入れても前回の表示位置と同じ位置に表示されるます。

【戻値のデータ型を示す定数の一覧(Type)】

内容(戻値のデータ型) 入力例
0 数式(String) =A1+A2
1 数値(Double) 55
2 文字列(String) あいうえお
4 論理型:True/False(Boolean) True
8 セル参照(Range) A1:A5
16 エラー値(Error) #N/A
64 数値配列(Variant()) {1,2,3,4,5}
省略時 文字列(String) あいうえお


InputBox関数/InputBoxメソッドの使用例

VBAソース

InputBoxマクロ実行例

インプットボックス関数(例)

インプットボックスメソッド(例)


 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

Val 関数 の使い方 Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として …

Randomize 関数 例1
乱数ジェネレータを初期化 (乱数系列を再設定) する(Randomize ステートメント)

Randomize ステートメントの使い方 Rnd 関数 を使用する前に使用しま …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

現在の日付時刻を取得する
日付時刻:現在の日付・時刻を取得・設定(Now、Date、Time)

現在の日付・時刻を取得・設定 現在の日付・時刻を取得(Now 関数、Date 関 …

RGB値一覧表
RGB 値一覧表(XlRgbColor 列挙型)

RGB 値(XlRgbColor 列挙型)一覧表 RGB 関数を使用して、出力さ …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

文字列:文字列を検索してその最初の文字位置を返す(InStr 関数,InStrB 関数)

InStr 関数・InStrB 関数の使い方 【書式】 result = { I …