ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ブックを開く(Open メソッド)

      2016/01/12

ブックを開く(Open メソッド)

ブックを開くには、Workbooks コレクション または、RecentFile オブジェクトOpen メソッド を使用します。RecentFile オブジェクト は、最近使用したファイルのリストを表します(詳細は、最近使用したファイル(RecentFile オブジェクト,RecentFiles コレクション) を参照してください)。


【書式】

<Workbooks コレクション>
object.Open ( filename, updatelinks, readonly, format, password, writerespassword, ignorereadonlyrecommended, origin, delimiter, editable, notify, converter, addtomru, local, corruptload )

<RecentFile オブジェクト>
object.Open


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる RecentFile オブジェクトWorkbook オブジェクトを指定します。
  • filename  ・・・  開くブックのファイル名を文字列で指定します。フルパスで指定でも指定できます。パスを省略するとカレントパスとなります。
  • updatelinks  ・・・  ファイル内のリンクの更新方法を 0 ~ 3 の整数値で指定します。
    内容
    0 ブックを開いたときにリンクは更新されません
    3 ブックを開いたときにリンクが更新されます

  • readonly  ・・・  True を指定するとブックを読み取り専用モードで開きます。
  • format  ・・・  テキストファイルを開く場合は、以下の区切り文字を表す 1 ~ 6 の数値を指定します。
    内容
    1 タブ
    2 コンマ(,)
    3 スペース
    4 セミコロン(;)
    5 なし
    6 カスタム文字(引数 delimiter で指定)

  • password  ・・・  パスワードで保護されたブックを開く場合のパスワードを指定します。
  • writerespassword  ・・・  書き込み保護されたブックを書き込み可能な状態で開くために必要なパスワードを指定します。
  • ignorereadonlyrecommended  ・・・  True を指定すると読み取り専用を推奨するメッセージを非表示にします。
  • origin  ・・・  開こうとしているファイルがテキストファイルの場合、ファイルの作成元のプラットフォームを表す XlPlatform 列挙型 の定数またはその値を指定します。省略すると、現在のオペレーティングシステムが使用されます。
    定数 内容
    xlMacintosh 1 Macintosh
    xlWindows 2 Microsoft Windows
    xlMSDOS 3 MS-DOS

  • delimiter  ・・・  開こうとしているファイルがテキストファイルで、、引数 format に 6 が指定されている場合は、ここで指定した区切り文字が使用されます。
    (例)
     タブ :origin = Chr(9)
     カンマ:origin = “,”
  • editable  ・・・  開こうとしているファイルが Excel 4.0 のアドインの場合、この引数に True を指定すると、アドインがウィンドウとして表示されます。この引数に False を指定するか、省略すると、アドインは非表示の状態で開かれ、ウィンドウとして表示することはできません。開こうとしているファイルが Excel テンプレートの場合、True を指定すると、テンプレートが編集用に開きます。False を指定すると、テンプレートを基に新しいブックが開きます。既定値は False です。
  • notify  ・・・  ファイルが読み取り/書き込みモードで開けない場合に、ファイルを通知リストに追加するには、True を指定します。ファイルが読み取り専用モードで開かれて通知リストに追加され、ファイルが編集可能になった時点でユーザーに通知されます。ファイルが開けない場合に、このような通知を行わずにエラーを発生させるには、False を指定するか省略します。
  • converter  ・・・  ファイルを開くときに最初に使用するファイル コンバーターのインデックス番号を指定します。
  • addtomru  ・・・  最近使用したファイルの一覧にブックを追加するには、True を指定します。既定値は False です。
  • local  ・・・  Excel の言語設定に合わせてファイルを保存するには、True を指定します。Visual Basic for Applications(VBA)の言語設定に合わせてファイルを保存する場合は、False(既定値)を指定します。
  • corruptload  ・・・  読み込み方法を表す XlCorruptLoad 列挙型 の定数またはその値を指定します。
    定数 内容
    xlNormalLoad 0 ブックを正常に開きます
    xlRepairFile 1 ブックを修復モードで開きます
    xlExtractData 2 ブックをデータの抽出モードで開きます



Open メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Open メソッド



 - ブック・シートの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ウィンドウの位置を入れ替える(ActivatePrevious メソッド、ActivateNext メソッド)

ウィンドウの位置を入れ替える ActivatePrevious メソッド、Act …

シート見出しの表示・非表示(DisplayWorkbookTabs プロパティ)

シート見出しの表示・非表示(DisplayWorkbookTabs プロパティ) …

Paste メソッド 使用例_1
ワークシートにクリップボードの内容を貼り付ける(Paste メソッド)

Paste メソッド 指定したワークシート上にクリップボードのデータを貼り付けま …

ウィンドウのタイトル(Window.Caption プロパティ)

ウィンドウのタイトル(Caption プロパティ) Windows.Captio …

アクティブプリンタの設定・取得
アクティブプリンタを変更(ActivePrinter プロパティ)

ActivePrinter プロパティ ActivePrinter プロパティを …

枠線を含めて印刷(PageSetup.PrintGridlines プロパティ)

PageSetup.PrintGridlines プロパティ PageSetup …

印刷設定(ページごとに異なるヘッダー・フッターを設定)Page オブジェクト・HeaderFooter オブジェクト

Page オブジェクト ページごとに異なるヘッダーおよびフッターを設定する場合、 …

印刷時の改ページ設定(Add,ResetAllPageBreaks)

改ページの追加と解除 印刷時に改ページを指定するには、HPageBreaks コ …

Run メソッド
別のブックのマクロを実行(Run メソッド)

別のブックのマクロを実行 別のブックのマクロを実行するには、Run メソッド を …

ブックが共有モードか確認する(MultiUserEditing プロパティ)

ブックが共有モードか確認する(MultiUserEditing プロパティ) 共 …