ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ウィンドウの状態を取得・設定(WindowState プロパティ)

      2016/01/12

ウィンドウの状態を取得・設定(WindowState プロパティ)

WindowState プロパティで、ウィンドウの状態を最大化、最小化、通常の状態のいずれかに設定することができます。またその状態を取得することができます。


【書式】

<取得>
object.WindowState

<設定>
object.WindowState = const


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクト または、Window オブジェクトを指定します。
  • const  ・・・  ウィンドウの状態を表す XlWindowState 列挙型 の定数またはその値を指定します。
    定数 内容
    xlMaximized -4137 最大化
    xlMinimized -4140 最小化
    xlNormal -4143 標準


対象オブジェクトに、Window オブジェクトを指定すると、指定したウィンドウ(ブック)の状態を取得および設定します。対象オブジェクトに、Application オブジェクトを指定すると、Excel のウィンドウの状態を取得および設定します。(Excel 2010 以前のバージョン)

Excel 2013 になり、SDI(シングル ドキュメント インターフェイス)が使用されるようになったため、WindowState プロパティで、対象となるオブジェクトに、Application オブジェクトWindow オブジェクトのいずれを指定しても同じ結果になります。

MDISDI について
Excel 2010 までは、MDI(マルチ ドキュメント インターフェイス)が使用されていました。これは、Excel のアプリケーションウィンドウ内に、複数のブックを開き、メニューやツールバー等は、Excel ウィンドウにあるものを共有します。
一方、Excel 2013 では、SDI(シングル ドキュメント インターフェイス)に変更され、ブックごとにウィンドウが独立するようになりました。



ウィンドウサイズの変更の可否を取得・設定(EnableResize プロパティ)

EnableResize プロパティ を使用すると指定したウィンドウサイズ変更の可否を取得および設定することができます。
ここでの「ウィンドウ」とは、「Excel のウィンドウ」ではなく、その中に開いた各ブックのウィンドウのことを指します。つまり、Excel 2013 の場合は、ブックごとにウィンドウが独立しているので、EnableResize プロパティ を指定しても無効になります(常に True の状態)。


【書式】

<取得>
object.EnableResize

<設定>
object.EnableResize = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Window オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を指定するとウィンドウの大きさを変更することができます。False を指定するとウィンドウの大きさを変更することができなくなります。


WindowState プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

WindowState プロパティ



 - ブック・シートの操作 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

RemoveDocumentInformation メソッド
指定された情報をブックから削除(RemoveDocumentInformation メソッド)

RemoveDocumentInformation メソッド 指定された種類の情 …

共有ファイルを開いているユーザー情報を取得(UserStatus プロパティ)

共有ファイルを開いているユーザー情報を取得 UserStatus プロパティは、 …

DisplayZeros プロパティ 使用例
0 を表示するかどうかを設定(DisplayZeros プロパティ)

DisplayZeros プロパティ DisplayZeros プロパティに、T …

ステータスバーにメッセージを表示(StatusBar プロパティ)

StatusBar プロパティ StatusBar プロパティで、ステータスバー …

ワークシートの数を数える(Count プロパティ)

Count プロパティ 指定したWorksheets コレクションやSheets …

シート見出しの表示・非表示(DisplayWorkbookTabs プロパティ)

シート見出しの表示・非表示(DisplayWorkbookTabs プロパティ) …

印刷時のページの番号付けの方向を設定(PageSetup.Order プロパティ)

PageSetup.Order プロパティ PageSetup.Order プロ …

SheetsInNewWorkbook プロパティ 使用例
ブック作成時のシート数の取得・設定(SheetsInNewWorkbook プロパティ)

SheetsInNewWorkbook プロパティ Excel で新規ブックに自 …

WorksheetView オブジェクト

WorkSheetView オブジェクト 行列番号や枠線の表示・非表示の設定など …

余白・ヘッダー
印刷:余白を設定 TopMargin,BottomMargin,LeftMargin,RightMargin,HeaderMargin,FooterMargin

余白を設定する 余白を設定する単位は、pt(ポイント:約 0.03528 cm) …