ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

共有ファイルを開いているユーザー情報を取得(UserStatus プロパティ)

      2015/12/19

共有ファイルを開いているユーザー情報を取得

UserStatus プロパティは、ブックを共有ファイルとして開いている各ユーザーの情報を示す、2 次元配列を返します。値の取得のみ可能で、バリアント型(Variant)の値を使用します。


【書式】

object.UserStatus ( index1, index2 )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。
  • index1  ・・・  各ユーザーを示すインデックス値を指定します( 1 から始まる 数値)。
  • index2  ・・・   1 から 3 の整数値を指定します。1 を指定すると ユーザー名、2 を指定すると ユーザーがブックを最後に開いた日付・時刻、3 を指定すると ファイルの種類 を取得することができます。また、3 を指定した場合、ファイルの種類が 排他 であれば、1 を、共有 であれば、2 を返します。

ブックを開いているユーザー数を取得するには、UBound 関数 を使用します。
(例)アクティブなブックを開いているユーザーの数
  UBound ( ActiveWorkbook.UserStatus )

読み取り専用で開いたブックの UserStatus プロパティを取得しようとするとエラーが発生します。



UserStatus プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

UserStatus プロパティ



 - ブック・シートの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ステータスバーにメッセージを表示(StatusBar プロパティ)

StatusBar プロパティ StatusBar プロパティで、ステータスバー …

ワークシートを参照する(Worksheets プロパティ)

Worksheets プロパティ Worksheets プロパティは、Works …

新規ブック作成(Add メソッド)

新規にワークブックを作成する Workbooks コレクションの Add メソッ …

ウィンドウの位置を入れ替える(ActivatePrevious メソッド、ActivateNext メソッド)

ウィンドウの位置を入れ替える ActivatePrevious メソッド、Act …

Run メソッド
別のブックのマクロを実行(Run メソッド)

別のブックのマクロを実行 別のブックのマクロを実行するには、Run メソッド を …

アクティブシートを参照する(ActiveSheet プロパティ)

アクティブなワークシートを参照する ActiveSheet プロパティを使用する …

Saved メソッド
ブックの変更が保存されているかを確認する(Saved プロパティ)

ブックの変更が保存されているかを確認する(Saved プロパティ) Saved …

ウィンドウのタイトル(Window.Caption プロパティ)

ウィンドウのタイトル(Caption プロパティ) Windows.Captio …

印刷する用紙の向きを設定(PageSetup.Orientation プロパティ)

PageSetup.Orientation プロパティ PageSetup.Or …

印刷時の改ページ設定(Add,ResetAllPageBreaks)

改ページの追加と解除 印刷時に改ページを指定するには、HPageBreaks コ …