ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

計算精度を設定する(PrecisionAsDisplayed プロパティ)

   

PrecisionAsDisplayed プロパティ

PrecisionAsDisplayed プロパティに、True を指定すると、「表示形式」で指定した精度(表示桁数)で計算します。False に指定すると Excel 既定の精度(規定桁数)で計算します。


【書式】

<取得>
object.PrecisionAsDisplayed

<設定>
object.PrecisionAsDisplayed = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  True を指定すると、「表示形式」で指定した精度(表示桁数)で計算します。False に指定すると Excel 既定の精度(最大 15桁)で計算します。初期値は、False です。


PrecisionAsDisplayed プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

実行前
セル「B2」に、「1/3」を入力、セルの書式設定で、表示形式を [数値]、[小数点以下の桁数] を「3」に設定

PrecisionAsDisplayed プロパティ 01


実行後

PrecisionAsDisplayed プロパティ 02



 - ブック・シートの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ユーザー設定のビュー(CustomViews プロパティ)

ユーザー設定のビュー CustomViews コレクションは、ユーザー設定ビュー …

WorksheetView オブジェクト

WorkSheetView オブジェクト 行列番号や枠線の表示・非表示の設定など …

CustomDocumentProperties プロパティ
ユーザー設定のドキュメントプロパティ(CustomDocumentProperties プロパティ)

CustomDocumentProperties プロパティ ユーザー設定のドキ …

ProtectContents プロパティ 例
シートが保護されているか確認(ProtectContents プロパティ)

ProtectContents プロパティ ワークシートが保護されているかどうか …

印刷時のページの番号付けの方向を設定(PageSetup.Order プロパティ)

PageSetup.Order プロパティ PageSetup.Order プロ …

ウィンドウの状態を取得・設定(WindowState プロパティ)

ウィンドウの状態を取得・設定(WindowState プロパティ) Window …

選択されているシートを参照
選択されているシートを参照する(SelectedSheets プロパティ)

SelectedSheets プロパティ 選択されているすべてのシートをあらわす …

RemoveDocumentInformation メソッド
指定された情報をブックから削除(RemoveDocumentInformation メソッド)

RemoveDocumentInformation メソッド 指定された種類の情 …

スクロールバーの表示・非表示(DisplayHorizontalScrollBar,DisplayVerticalScrollBar)

スクロールバーの表示・非表示の設定 Windows オブジェクト の Displ …

前後のワークシートを参照する(Previous プロパティ,Next プロパティ)

Previous プロパティ 指定したシートの前(左側)のシートを参照します。 …