ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ブックを別名で保存(SaveAs メソッド)

      2016/01/12

ブックを別名で保存(SaveAs メソッド)

ブックの変更を保存したり、新規ブックに名前を付けて保存する場合、SaveAs メソッド を使用します。


【書式】

object.SaveAs ( filename, fileformat, password, writerespassword, readonlyrecommended, createbackup, accessmode, conflictresolution, addtomru, textcodepage, textvisuallayout, local )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。
  • filename  ・・・  保存するブックの名前を指定します。拡張子を省略すると Excel によって自動的に付加されます。また、完全パスを含めることもできます。完全パスを含めない場合、カレントフォルダ―に保存されます。
  • fileformat  ・・・  ブックを保存する時のファイル形式を XlFileFormat 列挙型 の定数またはその値で指定します。保存済みのファイルの場合は、前回指定した形式が既定値となります。新規ブックの場合、Excel 2007 以降は、Excel ブック(xlsx)、それ以前の場合は、Excel 97-2003 ブック(xls)となります。
  • password  ・・・  保存するブックに読み取りパスワードを設定します。15文字以内、大文字小文字は区別されます。省略可。
  • writerespassword  ・・・  保存するブックに書き込みパスワードを設定します。これを設定したファイルをパスワードを指定せずに開くと読み取り専用で開かれます。省略可。
  • readonlyrecommended  ・・・  True を指定すると、ファイルを開くときに、読み取り専用で開くことを推奨するメッセージを表示します。省略可。
  • createbackup  ・・・  True を指定するとバックアップファイルを作成します。省略すると、False が指定されます。
  • accessmode  ・・・  ファイルへのアクセス方法を表す XlSaveAsAccessMode 列挙型 の定数またはその値を指定します(省略可)。
    定数 内容
    xlNoChange 1 アクセスモードを変更しません(既定値)
    xlShared 2 共有モード
    xlExclusive 3 排他モード

  • conflictresolution  ・・・  ブックを共有している場合の変更内容の更新方法を表す XlSaveConflictResolution 列挙型 の定数またはその値を指定します(省略可)。
    定数 内容
    xlUserResolution 1 ダイアログボックスを表示して、ユーザーが重複を解決するように要求(既定値)
    xlLocalSessionChanges 2 ローカルユーザーの変更を反映
    xlOtherSessionChanges 3 ほかのユーザーの変更を反映

  • addtomru  ・・・  True を指定すると最近使用したファイルの一覧にブックを追加します。省略すると、False が指定されます。
  • textcodepage  ・・・  使用不可(Excel VBA で、指定しても無視されます)。
  • textvisuallayout  ・・・  使用不可(Excel VBA で、指定しても無視されます)。
  • local  ・・・  True を指定すると Excel の言語設定に合わせた形式で保存します。False の場合は、Visual Basic for Applications(VBA)の形式で保存します。既定値は、False です。



SaveAs メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

SaveAs メソッド



 - ブック・シートの操作 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

DisplayHeadings プロパティ
行列の見出しの表示・非表示(DisplayHeadings プロパティ)

DisplayHeadings プロパティ 行と列の見出しの表示・非表示を設定お …

ワークシートを参照する(Sheets プロパティ)

Sheets プロパティ Sheets プロパティは、Sheets コレクション …

印刷設定(ヘッダーに文字列を指定)LeftHeader,CenterHeader,RightHeader

PageSetup.LeftHeader プロパティ PageSetup.Lef …

印刷の用紙サイズを設定(PageSetup.PaperSize プロパティ)

PageSetup.PaperSize プロパティ PageSetup.Pape …

ブックを開く(Open メソッド)

ブックを開く(Open メソッド) ブックを開くには、Workbooks コレク …

画面の上端・左端を設定(ScrollRow プロパティ、ScrollColumn プロパティ)

画面の上端・左端を設定 ScrollRow プロパティで、指定した行を画面上端に …

ウィンドウの分割(Split プロパティ,SplitColumn プロパティ,SplitRow プロパティ)

ウィンドウの分割と解除 ウィンドウ(ワークシート画面)を分割するには、Split …

枠線の表示・非表示の設定(DisplayGridlines プロパティ)

枠線の表示・非表示の設定 枠線の表示・非表示を設定するには、DisplayGri …

シート見出しの色を設定
シート見出しの色を設定(Tab プロパティ)

シート見出しの色を設定 Tab オブジェクトの Color プロパティ、Colo …

ウィンドウの状態を取得・設定(WindowState プロパティ)

ウィンドウの状態を取得・設定(WindowState プロパティ) Window …