ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

WorksheetView オブジェクト

   

WorkSheetView オブジェクト

行列番号や枠線の表示・非表示の設定などを行うことができます。Window オブジェクト では、現在表示されているシートに対して設定を行いますが、WorksheetView オブジェクト では、指定したシートに対して設定を行うことができます。


【書式】

<取得>
object.SheetViews [ .Item ] ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Window オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  インデックス番号または、シート名を指定します。※シート名を指定する場合は、「”」で囲みます。

WorkSheetView オブジェクト を使用できるのは、Excel2007 以降です。



WorkSheetView オブジェクトの主なプロパティ


DisplayFormulas プロパティ

セルに数式が入力されている場合、その結果を表示するか数式をそのまま表示するかを設定および取得をします。


【書式】

<取得>
object.DisplayFormulas

<設定>
object.DisplayFormulas = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる WorkSheetView オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を 指定した場合、数式を表示し、False の場合、数式の計算結果の値が表示されます。

object に、Window オブジェクトを指定した場合は、指定ウィンドウ内の現在表示されているワークシートが対象となります。


DisplayGridlines プロパティ

枠線をを表示するかどうかを設定および取得します。


【書式】

<取得>
object.DisplayGridlines

<設定>
object.DisplayGridlines = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる WorkSheetView オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を 指定すると枠線を表示し、False を指定すると枠線を非表示にします。

枠線を印刷するかどうかを制御するには、PrintGridlines プロパティ を使用します。

object に、Window オブジェクトを指定した場合は、指定ウィンドウ内の現在表示されているワークシートが対象となります。


DisplayHeadings プロパティ

行列の見出しの表示、非表示を設定および取得します。


【書式】

<取得>
object.DisplayHeadings

<設定>
object.DisplayHeadings = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる WorkSheetView オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を 指定すると行列両方の見出しを表示し、False を指定すると見出しを非表示にします。

object に、Window オブジェクトを指定した場合は、指定ウィンドウ内の現在表示されているワークシートが対象となります。


DisplayOutline プロパティ

アウトライン記号を表示するかどうかを設定および取得します。


【書式】

<取得>
object.DisplayOutline

<設定>
object.DisplayOutline = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる WorkSheetView オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を 指定するとアウトライン記号を表示し、False を指定すると非表示にします。

object に、Window オブジェクトを指定した場合は、指定ウィンドウ内の現在表示されているワークシートが対象となります。


DisplayZeros プロパティ

「0」を表示するかどうかを設定および取得します。

DisplayZeros プロパティに、True を設定するとセルに入力された「0」は、表示されます。False を設定すると「0」は非表示になります(数式バーには表示されます)。


【書式】

<取得>
object.DisplayZeros

<設定>
object.DisplayZeros = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる WorkSheetView オブジェクトを指定します。
  • booleanformula  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を 指定すると「0」を表示し、False を指定するとセルには「0」は表示されず空白の状態になります(数式バーには表示されます)。

object に、Window オブジェクトを指定した場合は、指定ウィンドウ内の現在表示されているワークシートが対象となります。


Sheet プロパティ

Sheet オブジェクトを取得します。


【書式】

<取得>
object.Sheet


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる WorkSheetView オブジェクトを指定します。

Sheet.Name プロパティ ではシート名を取得します。Sheet.Activate メソッド を使うと指定したシートをアクティブにします。



WorksheetView オブジェクト 使用例

サンプルVBAソース 1


実行結果

WorksheetView オブジェクト 使用例1


サンプルVBAソース 2


実行結果

「サンプルVBAソース 2」実行前、「サンプルVBAソース 1」を実行した状態

WorksheetView オブジェクト 使用例2-1

「サンプルVBAソース 2」実行後、「サンプルVBAソース 1」を実行した状態

WorksheetView オブジェクト 使用例2-2



 - ブック・シートの操作 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

EnableEvents プロパティ
イベントの発生・無効をコントロール(EnableEvents プロパティ)

EnableEvents プロパティ EnableEvents プロパティに T …

余白・ヘッダー
印刷:余白を設定 TopMargin,BottomMargin,LeftMargin,RightMargin,HeaderMargin,FooterMargin

余白を設定する 余白を設定する単位は、pt(ポイント:約 0.03528 cm) …

再計算の設定・実行
再計算(Calculation, EnableCalculation, Calculate)

ワークブックやシートの再計算 通常、Excel では、自動的に再計算が行われる設 …

枠線を含めて印刷(PageSetup.PrintGridlines プロパティ)

PageSetup.PrintGridlines プロパティ PageSetup …

Saved メソッド
ブックの変更が保存されているかを確認する(Saved プロパティ)

ブックの変更が保存されているかを確認する(Saved プロパティ) Saved …

印刷のページ区切り(DisplayPageBreaks プロパティ)

DisplayPageBreaks プロパティ 印刷したあとや印刷プレビューを表 …

スクロール範囲を限定(ScrollArea プロパティ)

ScrollArea プロパティ ScrollArea プロパティ にセル範囲を …

印刷設定(ヘッダーに画像を指定)LeftHeaderPicture, CenterHeaderPicture, RightHeaderPicture

ヘッダーに画像を表示するには LeftHeaderPicture プロパティ、C …

PDF または XPS 形式で出力(ExportAsFixedFormat メソッド)

ExportAsFixedFormat メソッド ブックやシートの内容を PDF …

ブックを保存する(Save メソッド)

ブックを保存する(Save メソッド) 既存のブックを上書き保存するには、Sav …