ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ユーザー設定のドキュメントプロパティ(CustomDocumentProperties プロパティ)

   

CustomDocumentProperties プロパティ

ユーザー設定のドキュメントプロパティとは、ブックのプロパティで、ユーザーが任意の項目名を設定することができるものをいいます。CustomDocumentProperties プロパティ を使用すると、ユーザー設定のドキュメントプロパティを表す DocumentProperties コレクション を取得や設定することができます。


【書式】

object.CustomDocumentProperties


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。


CustomDocumentProperties プロパティ の主なメソッド

CustomDocumentProperties.Add メソッド

Add メソッド を使用して任意のドキュメントプロパティを追加します。


【書式】

object.CustomDocumentProperties.Add ( name, linktocontent, type, value )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。
  • name  ・・・  プロパティ名を指定します。
  • linktocontent  ・・・  プロパティとコンテナドキュメントの内容をリンクさせるかを ブール型(boolean)の値で、設定します。False を指定した場合は、引数 value を設定します。
  • type  ・・・  データの種類を表す MsoDocProperties 列挙型 の定数またはその値を指定します。
    定数 内容
    msoPropertyTypeNumber 1 整数型 (Integer) の値
    msoPropertyTypeBoolean 2 ブール型 (Boolean) の値
    msoPropertyTypeDate 3 日付型 (Date) の値
    msoPropertyTypeString 4 文字列型 (String) の値
    msoPropertyTypeFloat 5 浮動小数点型 (Floating point) の値

  • value  ・・・  プロパティの値を指定します。(引数 LinkToContentTrue が指定されている場合、引数 value に指定した値は無視されます。)


CustomDocumentProperties プロパティ の主なプロパティ

CustomDocumentProperties.Item (index) プロパティ

引数 index を使用して、DocumentProperties コレクション 内の個別の DocumentPropertyオブジェクト を取得します。


【書式】

object.CustomDocumentProperties [.Item] ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  取得するドキュメントプロパティの名前(name の値)またはインデックス番号を指定します。

Item は、省略可能です。

ユーザープロパティを削除する例
Delete メソッド を使用します。
 ActiveWorkbook.CustomDocumentProperties.Item(1).Delete


CustomDocumentProperties.Count プロパティ

ユーザー設定のドキュメントプロパティを表す DocumentProperties コレクション 内の項目数を取得します。

【書式】

object.CustomDocumentProperties.Count


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。



CustomDocumentProperties プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

CustomDocumentProperties プロパティ



 - ブック・シートの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Name プロパティ 使用例 1
ブック・シートの名前を取得・設定(Name プロパティ)

ワークブックの名前を取得 Name プロパティで、ワークブックの名前を取得します …

印刷設定(ヘッダーに文字列を指定)LeftHeader,CenterHeader,RightHeader

PageSetup.LeftHeader プロパティ PageSetup.Lef …

印刷範囲の設定・解除(PageSetup.PrintArea プロパティ)

PageSetup.PrintArea プロパティ 印刷範囲を設定するには、Pa …

EnableEvents プロパティ
イベントの発生・無効をコントロール(EnableEvents プロパティ)

EnableEvents プロパティ EnableEvents プロパティに T …

ワークシートを参照する(Sheets プロパティ)

Sheets プロパティ Sheets プロパティは、Sheets コレクション …

印刷時の改ページ設定(Add,ResetAllPageBreaks)

改ページの追加と解除 印刷時に改ページを指定するには、HPageBreaks コ …

ユーザー設定のビュー(CustomView オブジェクト)

ユーザー設定のビュー CustomView オブジェクトは、登録されている各ビュ …

数式を表示(DisplayFormulas プロパティ)

数式を表示(DisplayFormulas プロパティ) セルに数式が入力されて …

印刷のページ区切り(DisplayPageBreaks プロパティ)

DisplayPageBreaks プロパティ 印刷したあとや印刷プレビューを表 …

アクティブシートを参照する(ActiveSheet プロパティ)

アクティブなワークシートを参照する ActiveSheet プロパティを使用する …