ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

Recordset オブジェクト内のレコード数(ADO)RecordCount プロパティ

   

RecordCount プロパティ

Recordset オブジェクトのレコード数を取得します。


【書式】

<取得>
long = object.RecordCount


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Recordset オブジェクトを指定します。
  • long  ・・・  Recordset のレコード数を示す長整数型(long)の値を取得します。ただし、レコード数がわからない場合、プロバイダやカーソルタイプが RecordCount をサポートしていない場合は、-1 を返します。

閉じている Recordset 上で RecordCount プロパティ を取得するとエラーが発生します。

Recordset オブジェクトのカーソルタイプ別の RecordCount プロパティ の戻り値

【書式】 object.CursorType = <カーソルタイプ>

※ object … Recordset オブジェクト

カーソルタイプ 内容 戻り値
adOpenDynamic 動的カーソル -1
adOpenForwardOnly 前方スクロールカーソル -1
adOpenKeyset キーセットカーソル レコード数
adOpenStatic 静的カーソル レコード数

CursorLocation プロパティadUseClient を設定した場合は、すべてのカーソルタイプで、レコード数が戻り値となります。

【書式】 object.CursorLocation = <カーソルロケーション>

※ object … Recordset オブジェクト

カーソルロケーション 内容
adUseNone 1 カーソル サービスを使いません
adUseServer 2 サーバーサイドカーソル(既定値)
adUseClient 3 クライアントサイドカーソル



RecordCount プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

RecordCount プロパティ(ADO)



 - データベース , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Recordsetオブジェクト内のカーソル移動
カレントレコードの移動(ADO)MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious、Move

MoveFirst メソッド、MoveLast メソッド、MoveNext メソ …

データベース(MySQL)接続
データベース(MySQL)に接続する(ADO)

MySQL ODBCドライバ Windowsには標準で、いくつかの ODBC ド …

Delete メソッド(ADO)
レコードの削除(ADO)Delete メソッド

データベースのレコードを削除する Delete メソッド カレントレコードを削除 …

ado Field オブジェクト
フィールド名(ADO)Field オブジェクト

Field オブジェクト Recordset オブジェクト内の列(フィールド)を …

ADO Fields コレクション
フィールド名(ADO)Fields コレクション

Fields コレクション Recordset オブジェクト内の1つ以上の列(フ …

ora ファイル
データベース(Oracle)に接続する(OLE DB を使用)

OLE DB プロバイダ OLE DBには、Oracle 提供の Oracle …

Command.Execute Insert Into 文
SQL文を実行する(ADO)Execute メソッド

Command オブジェクトの Execute メソッドで、SQL文を実行 Co …

ADO Access (参照設定)
データベース(Access 等)に接続(ADO)

ADO で、データベースに接続 外部データベースを操作する方法のひとつに ADO …

DB Class Excel へ接続
Excel VBA のクラスを使ってデータベースへ接続する(ADO)

データベースの処理をクラスモジュールに書く ExcelVBAで、クラス使用する方 …

ADOX インデックスを作成する1
インデックス、プロパティの設定(ADOX)

インデックスを作成する index オブジェクト 【書式】 <CreateObj …