ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

レコードの削除(ADO)Delete メソッド

   

データベースのレコードを削除する

Delete メソッド

カレントレコードを削除します。

【書式】

object.Delete


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Recordset オブジェクトを指定します。

レコードを削除する場合、Recordset オブジェクトのOpen メソッドの引数 LockType には、adLockOptimistic または adLockPessimistic を指定します。(Recordset を開く時に使うロックの種類に関しては、データベース(Access 等)に接続(ADO) を参照して下さい。)

カレントレコードは、レコード削除後も「削除されたレコード」として存在するレコードになります。この状態で、カレントレコードに対して処理を行うと、エラーが発生します。( MoveNext メソッド 等を使ってカーソルを移動する必要があります。)



Delete メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Delete メソッド(ADO)



 - データベース , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

SQL実行結果
データベース(Oracle)に接続する(ODBC を使用)

ODBC接続(ADO) ADOで、ODBC(Open Database Conn …

CopyFromRecordset メソッド
Recordset オブジェクトの内容をワークシートにコピーする(CopyFromRecordset メソッド・ADO)

CopyFromRecordset メソッド ADO の Recordset オ …

CSVフィアルに接続(ADO)
CSVファイルに接続(ADO)

ADOでCSVファイルに接続 ADO を使用してCSVファイルを読み込みます。C …

DB Class Excel へ接続
Excel VBA のクラスを使ってデータベースへ接続する(ADO)

データベースの処理をクラスモジュールに書く ExcelVBAで、クラス使用する方 …

Parameters.Refresh エラー
クエリにパラメータを渡して結果を取得する(ADO)Command オブジェクト・Execute メソッド

クエリにパラメータを渡して結果を取得する手順 Command オブジェクトの作成 …

Oracle(oo4o)接続サンプル1
データベース(Oracle)に接続する(oo4o)

oo4o 接続 OO4O(Oracle Objects for OLE)はWin …

BOF プロパティ・EOF プロパティ
BOF プロパティ・EOF プロパティ(ADO)

EOF プロパティ・BOF プロパティ BOF プロパティは、カレントレコードの …

RecordCount プロパティ(ADO)
Recordset オブジェクト内のレコード数(ADO)RecordCount プロパティ

RecordCount プロパティ Recordset オブジェクトのレコード数 …

Sort プロパティ(ADO)
レコードを並べ替える(ADO)Sort プロパティ

データベースのレコードを並べ替える Sort プロパティ 【書式】 object …

Update メソッド(ADO)
レコードの更新(ADO)Update メソッド

データベースのレコードを更新する Update メソッド カレントレコードの内容 …