ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

Excel VBA のクラスを使ってデータベースへ接続する(ADO)

      2018/07/16

データベースの処理をクラスモジュールに書く

ExcelVBAで、クラス使用する方法の詳細については、VBAで、クラスを作成(クラスモジュール・インスタンス) を参照してください。
また、ADOで、データベースに接続する方法に関しては、Excel VBA データベース(ADO) を参照してください。

データベースへの接続をクラスを使用して処理する例です。
ここでは、データベースへの接続・解除、トランザクションの処理等をクラスモジュールに記述します。クラス名は「DBConnection」とします(サンプルVBAソース その1)。
実際にクラスを利用するには、標準モジュールを使用します。
・「Access に接続し、重複レコードを削除」(サンプルVBAソース その2
・「Excel にデータベースとして接続しデータを表示」(サンプルVBAソース その3


サンプルVBAソース その1(クラスモジュール)



サンプルVBAソース その2(標準モジュール)


実行結果

サンプルVBAソースその2 実行前の Access(mydb1.accdb)テーブル6

DB Class Access 重複レコードの削除1

サンプルVBAソースその2 実行後の Access(mydb1.accdb)テーブル6

DB Class Access 重複レコードの削除2



サンプルVBAソース その3(標準モジュール)


実行結果

DB Class Excel へ接続



 - データベース , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ADOX インデックスを作成する1
インデックス、プロパティの設定(ADOX)

インデックスを作成する index オブジェクト 【書式】 <CreateObj …

ADOX データベース作成1
データベースを作成する(ADOX)

ADOX を使用してデータベース(Access)を作成 Catalog オブジェ …

トランザクション01
トランザクション(ADO)BeginTrans、CommitTrans、RollbackTrans

ADO でのトランザクション処理 【書式】 Sub Sample_Transac …

Delete メソッド(ADO)
レコードの削除(ADO)Delete メソッド

データベースのレコードを削除する Delete メソッド カレントレコードを削除 …

Command.Execute Insert Into 文
SQL文を実行する(ADO)Execute メソッド

Command オブジェクトの Execute メソッドで、SQL文を実行 Co …

SQL実行結果
データベース(Oracle)に接続する(ODBC を使用)

ODBC接続(ADO) ADOで、ODBC(Open Database Conn …

BOF プロパティ・EOF プロパティ
BOF プロパティ・EOF プロパティ(ADO)

EOF プロパティ・BOF プロパティ BOF プロパティは、カレントレコードの …

Parameters.Refresh エラー
クエリにパラメータを渡して結果を取得する(ADO)Command オブジェクト・Execute メソッド

クエリにパラメータを渡して結果を取得する手順 Command オブジェクトの作成 …

RecordCount プロパティ(ADO)
Recordset オブジェクト内のレコード数(ADO)RecordCount プロパティ

RecordCount プロパティ Recordset オブジェクトのレコード数 …

Recordsetオブジェクト内のカーソル移動
カレントレコードの移動(ADO)MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious、Move

MoveFirst メソッド、MoveLast メソッド、MoveNext メソ …