ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ステータスバーにメッセージを表示(StatusBar プロパティ)

   

StatusBar プロパティ

StatusBar プロパティで、ステータスバーに表示するメッセージを取得および設定します。
また、DisplayStatusBar プロパティ で、ステータスバーの表示・非表示を取得および設定します。


StatusBar プロパティ


【書式】

<取得>
object.StatusBar

<設定>
object.StatusBar = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • string  ・・・  ステータスバーに表示するメッセージを文字列型(String)の値で、指定します。文字列を既定値に戻すには、False を指定します。

Excel 側でステータスバーを制御しているとき、このプロパティは False を返します。ステータスバーの文字列を既定値に戻すには、False を設定します。ステータスバーが非表示の状態でも、この設定によって文字列は既定値に戻ります。


DisplayStatusBar プロパティ


【書式】

<取得>
object.DisplayStatusBar

<設定>
object.DisplayStatusBar = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。ステータスバーを表示するには、True、非表示にするには、False を指定します。


DisplayStatusBar プロパティ・StatusBar プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

StatusBar プロパティ



 - ブック・シートの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Visible プロパティ 使用例 1
ワークシートの非表示・再表示(Visible プロパティ)

ワークシートの表示・非表示 ワークシートを非表示にしたり、非表示にしたワークシー …

ユーザー設定のビュー(CustomView オブジェクト)

ユーザー設定のビュー CustomView オブジェクトは、登録されている各ビュ …

Name プロパティ 使用例 1
ブック・シートの名前を取得・設定(Name プロパティ)

ワークブックの名前を取得 Name プロパティで、ワークブックの名前を取得します …

前後のワークシートを参照する(Previous プロパティ,Next プロパティ)

Previous プロパティ 指定したシートの前(左側)のシートを参照します。 …

シート見出しの色を設定
シート見出しの色を設定(Tab プロパティ)

シート見出しの色を設定 Tab オブジェクトの Color プロパティ、Colo …

印刷 タイトル行・列 設定の例
印刷のタイトル行、タイトル列を設定(PrintTitleRows,PrintTitleColumns)

PageSetup.PrintTitleRows プロパティ PageSetup …

ワークシートを参照する(Worksheets プロパティ)

Worksheets プロパティ Worksheets プロパティは、Works …

ウィンドウ枠の固定(FreezePanes プロパティ、SplitColumn プロパティ,SplitRow プロパティ)

ウィンドウ枠の固定と解除 ウィンドウ枠を固定するには FreezePanes プ …

ウィンドウの分割(Split プロパティ,SplitColumn プロパティ,SplitRow プロパティ)

ウィンドウの分割と解除 ウィンドウ(ワークシート画面)を分割するには、Split …

ウィンドウの位置を入れ替える(ActivatePrevious メソッド、ActivateNext メソッド)

ウィンドウの位置を入れ替える ActivatePrevious メソッド、Act …