ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

連続データを入力する(AutoFill メソッド)

   

AutoFill メソッド

Excel で、連続するデータを入力する「オートフィル」機能を VBA で実行します。


【書式】

object.AutoFill ( destination [, type ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • destination  ・・・  連続データの書き込み先となるセル範囲(Range オブジェクト)を指定します(省略不可)。
  • type  ・・・  オートフィルの種類を表す XlAutoFillType 列挙型 の定数またはその値を指定します(省略可能)。
    名前 説明
    xlFillDefault 0 Excel が決定(既定値)
    xlFillCopy 1 値と形式
    xlFillSeries 2 連続する数値(たとえば、’1, 2′ は ‘3, 4, 5’ となります)
    xlFillFormats 3 書式のみ
    xlFillValues 4 値のみ
    xlFillDays 5 曜日名
    xlFillWeekdays 6 平日の名前
    xlFillMonths 7
    xlFillYears 8
    xlLinearTrend 9 加算による連続データ
    xlGrowthTrend 10 乗算による連続データ
    xlFlashFill 11 前のユーザー アクションの検出されたパターンに基づいた値(Excel 2013 以降)




AutoFill メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBAソース 実行前

AutoFill メソッド 使用例 1

実行後

AutoFill メソッド 使用例 2


 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value プロパティ)

Value プロパティ Value プロパティは、セルの値を取得したり、値を設定 …

セルを参照する(Range プロパティ)

Range プロパティ 任意のセルにアクセスするには Range プロパティを使 …

列名・列番号取得 使用例
列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

列番号を取得する セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」&#8 …

オートフィルタ(矢印を非表示にする)AutoFilter メソッド

AutoFilter メソッド 【書式】 object.AutoFilter ( …

セル・セル範囲をコピーする(Copy メソッド)

Copy メソッド Copy メソッドは、セル範囲をコピーし、指定したセル範囲に …

対象のセルを直接参照しているセル全てを取得(DirectDependents プロパティ)

DirectDependents プロパティ DirectDependents …

StandardWidth プロパティ・StandardHeight プロパティ 例01
セル幅・高さの既定値(StandardHeight プロパティ・StandardWidth プロパティ)

StandardHeight プロパティ・StandardWidth プロパティ …

セル内の編集を禁止する(EditDirectlyInCell プロパティ)

EditDirectlyInCell プロパティ エクセルでは、セルをダブルクリ …

書式で検索(Find メソッド,FindFormat プロパティ)

書式で検索 書式を条件にセルを検索する場合、まず、その書式条件を CellFor …

Row プロパティ・Column プロパティ 例
セルの行番号または列番号を取得(Row プロパティ,Column プロパティ)

Row プロパティ・Column プロパティ Row プロパティは、指定したセル …