ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

      2015/06/19

FormulaArray プロパティ

FormulaArray プロパティは、対象のセル・セル範囲の配列数式(1つの数式または配列)を取得または設定します。指定したセル範囲に配列数式が含まれていないときは、Null 値を返します。
設定する値は、バリアント型(内部処理形式:String [文字列型] )を指定し、かならず、“” で囲みます。


【書式】

<取得>
result = Object.FormulaArray

<設定>
Object.FormulaArray = formula


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクト
  • formula  ・・・  数式を表す文字列を指定
  • result  ・・・  取得した数式を表す文字列

FormulaArray プロパティの文字数は 255 に制限されています。

セルに通常の数式が入力されている場合は、その数式を取得します。通常の数式が入力されているのか、配列数式が入力されているのかは、HasArray プロパティで調べることができます。

ヘルプには、「配列数式として入力するときは、数式には R1C1 形式を使う必要があります。A1 形式は使えません。」と記されていますが、とりあえず、Excel 2013 では、どちらも使用できるようです(FormulaArray プロパティの使用例)。



FormulaArray プロパティの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

実行前

FormulaArray プロパティ 例01

実行後

FormulaArray プロパティ 例02




 - セルの操作 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

セルの幅・高さの自動調整(AutoFit メソッド)

AutoFit メソッド AutoFit メソッドは、指定したセル・セル範囲(R …

ハイパーリンク(Hyperlink オブジェクト)

Hyperlink オブジェクト Hyperlinks コレクション のメンバー …

A1 形式と R1C1 形式を変換、相対参照と絶対参照を変換(ConvertFormula)

ConvertFormula メソッド 数式で参照しているアドレスの相対参照と絶 …

現在選択されているセルを参照(RangeSelection プロパティ)

RangeSelection プロパティ 実際に何が選択されているかにかかわらず …

指定した行数・列数移動したセル・セル範囲を参照(Offset プロパティ)

Offset プロパティ Offset プロパティは、基準となるセル・セル範囲か …

列名・列番号取得 使用例
列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

列番号を取得する セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」&#8 …

入力規則(Validation オブジェクト)

Validation オブジェクト セル範囲に入力できる値を制限するには 入力規 …

VBA で、ワークシート関数を使用(WorksheetFunction プロパティ)

VBA で、ワークシと関数を使用 VBA から、ワークシート関数を呼び出す場合、 …

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value プロパティ)

Value プロパティ Value プロパティは、セルの値を取得したり、値を設定 …

文字列の一部の書式を変更(Characters プロパティ)

文字列の一部を参照(Characters プロパティ) Characters プ …