ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

フリガナ(Phonetics プロパティ)

      2015/08/26

Phonetics プロパティ

Phonetics コレクションを返します。値の取得のみ可能です。


【書式】

object.Phonetics


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。


Phonetics のメソッド


Phonetics.Add メソッド

指定したセルにフリガナのテキストを追加します。


【書式】

object.Add ( start, length, text )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。
  • start  ・・・  何番目の文字から開始するかを指定します(長整数型:Long)。
  • length  ・・・  start で指定した位置からの文字数を指定します(長整数型:Long)。
  • text  ・・・  追加するフリガナを文字列型(String)で指定します。

Phonetics.Delete メソッド

フリガナを削除します。


【書式】

object.Delete


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。

Delete メソッド 使い方

セル「A1」のフリガナ情報を削除
  Range(“A1”).Phonetics.Delete
  
セル「A1」の 2 番めのフリガナ情報を削除
  Range(“A1”).Phonetics.Item(2).Delete
   または
  Range(“A1”).Phonetics(2).Delete



Phonetics の主なプロパティ


Phonetics.Item プロパティ

Phonetics コレクションの個々のメンバを参照します。Item プロパティは、既定のプロパティなので、省略可能です。


【書式】

object.Item ( index )

object ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  オブジェクトのインデックス番号を指定します。

Phonetics.Count プロパティ

フリガナの個数を取得します。長整数型(Long)の値を使用します。


【書式】

object.Count


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。

Count プロパティ 使い方

セル「A1」のフリガナ情報の数を返します。
  Range(“A1”).Phonetics.Count
 ( Range(“A1”).Phonetics.Length と同じ)
  
エラーになります。
  Range(“A1”).Phonetics.Item(2).Count
   または
  Range(“A1”).Phonetics(2).Count



Phonetics.Alignment プロパティ

フリガナの位置を表す値を取得または設定します。


【書式】

<取得>
object.Alignment

<設定>
object.Alignment = const


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。
  • const  ・・・  セルに表示するフリガナの位置を表す XlPhoneticAlignment 列挙型の定数を指定します。
    定数 内容
    xlPhoneticAlignNoControl 0 Excel が配置を制御
    xlPhoneticAlignLeft 1 左揃え
    xlPhoneticAlignCenter 2 中央揃え
    xlPhoneticAlignDistributed 3 均等割り付け


Phonetics.Text プロパティ

フリガナの取得・設定を行います。文字列型(String)の値を使用します。


【書式】

<取得>
object.Text

<設定>
object.Text = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。
  • string  ・・・  フリガナを「ひらがな」「カナカナ」で、設定します。(漢字・アルファベットを指定するとその漢字・アルファベットが、そのままフリガナの情報として登録されます。)

Text プロパティ 使い方

エラーになります。
  Range(“A1”).Phonetics.Text
  
セル「A1」の 2 番めのフリガナに対応する文字列(漢字)のフリガナ取得します。
  Range(“A1”).Phonetics.Item(2).Text
   または
  Range(“A1”).Phonetics(2).Text



Phonetics.Visible プロパティ

セルに、フリガナをを表示するかどうかを表すブール型(Boolean)の値を設定します。値の取得および設定が可能です。


【書式】

<取得>
object.Visible

<設定>
object.Visible = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  セルにフリガナを表示するには、True を、表示しない場合は、False を指定します。


Phonetics.Font プロパティ

セルに表示されるフリガナに設定されているフォントを表す Font オブジェクトを返します。


【書式】

object.Font


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。

Font プロパティについての詳細は、フォントの設定(Font プロパティ) を参照してください。



Phonetics.CharacterType プロパティ

セルに表示するフリガナの種類を設定します。値の取得および設定が可能です。
指定できるフリガナの種類は、「ひらがな」「カタカナ」「半角カタカナ」「無変換」の4種類です。


【書式】

<取得>
object.CharacterType

<設定>
object.CharacterType = const


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。
  • const  ・・・  セルに表示するフリガナの種類を表す XlPhoneticCharacterType 列挙型の定数を指定します。
    定数 内容
    xlKatakanaHalf 0 半角カタカナ
    xlKatakana 1 カタカナ
    xlHiragana 2 ひらがな
    xlNoConversion 3 無変換


Phonetics.Length プロパティ

フリガナの長さ(文字数)を表す長整数型(Long)の値を取得します。


【書式】

object.Length


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。

Length プロパティ 使い方

セル「A1」のフリガナ情報の数を返します。
  Range(“A1”).Phonetics.Length
 ( Range(“A1”).Phonetics.Count と同じ)
  
セル「A1」の 2 番めのフリガナに対応する文字列(漢字)の長さをを取得します。
  Range(“A1”).Phonetics.Item(2).Length
   または
  Range(“A1”).Phonetics(2).Length



Phonetics.Start プロパティ

指定されたフリガナに対応する文字列(漢字)の先頭位置を表す長整数型(Long)の値を取得します。


【書式】

object.Start


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Phonetics オブジェクトを指定します。

Start プロパティ 使い方

エラーになります。
  Range(“A1”).Phonetics.Start
  
セル「A1」の 2 番めのフリガナに対応する文字列(漢字)の先頭位置を取得します。
  Range(“A1”).Phonetics.Item(2).Start
   または
  Range(“A1”).Phonetics(2).Start



フリガナ(Phonetics プロパティ) 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Phonetics プロパティ 例


 - セルの操作 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Stop
入力規則(リストで制限する)Validation.Add メソッド

ドロップダウンリストで入力値を制限 Validation.Add メソッド(また …

セルを挿入する(Insert メソッド)

Insert メソッド Insert メソッドで、指定した場所に新規の空白セルを …

任意の行または列を参照(Rows プロパティ,Columns プロパティ)

Rows プロパティ・Columns プロパティ Rows プロパティは、オブジ …

セルの幅・高さの自動調整(AutoFit メソッド)

AutoFit メソッド AutoFit メソッドは、指定したセル・セル範囲(R …

任意のセルを含む行または列全体を参照(EntireRow プロパティ,EntireColumn プロパティ)

EntireRow プロパティ・EntireColumn プロパティ Entir …

フリガナの設定(Characters プロパティ,PhoneticCharacters メソッド)

Characters プロパティ Characters プロパティは、文字範囲を …

Validation プロパティ 使用例3
入力規則(入力時メッセージの設定)Validation オブジェクト

入力規則の入力時メッセージを表示する Validation.ShowInput …

対象のセル・セル範囲に数式があるかどうか調べる(HasFormula プロパティ)

HasFormula プロパティ HasFormula プロパティは、対象のセル …

入力規則(他セルや数式を利用して許容値を設定)Validation オブジェクト

他のセルや数式を利用して許容値を設定する 入力規則(その5) での設定を、マクロ …

外枠罫線の設定(BorderAround メソッド)

外枠罫線の設定 罫線の設定には、Borders プロパティを使用しますが、範囲内 …