ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

開いているファイルの読み取り位置または書き込み位置を設定(Seek ステートメント)

   

Seek ステートメント

Open ステートメント で開いているファイルで、次に読み取りを行う位置または、書き込みを行う位置を設定します。


【構文】

Seek #filenumber, position


引数・戻り値

  • filenumber  ・・・  Open ステートメント で、割り当てられたファイル番号を指定します。
  • position  ・・・  次の読み取りまたは書き込み操作を行う位置を 1 ~ 2,147,483,647 の範囲の数値で指定します。この時、Random モード でファイルを開いている場合はレコード位置、それ以外のモードで開いている場合はバイト位置を指定します。

開いているファイルの読み取り位置または書き込み位置を取得する場合は、Seek 関数 を使用します。

Get ステートメントおよび Put ステートメントで、レコード位置(バイト位置)が指定されている場合は、Seek ステートメント で指定されている位置よりも優先されます。

Seek ステートメントで、ファイルの末尾を越える位置に設定した後にファイルの書き込み操作を行うと、ファイルが拡張されます。

Seek ステートメントで、ファイルの位置を負または 0 または 2,147,483,647 を越える位置に設定するとエラーが発生します。



Seek ステートメント 使用例

サンプルVBAソース 1


実行結果 1

読み込むファイル(file01.txt)の内容

Seek ステートメント 1-1

サンプルVBAソース 1 を実行した結果

Seek ステートメント 1-2



サンプルVBAソース 2


実行結果 2

書き込むファイル(test05.txt)の内容

Seek ステートメント 2-1

サンプルVBAソース 2 を実行後の test05.txt の内容

Seek ステートメント 2-2



サンプルVBAソース 3


実行結果 3

Seek ステートメント 3



 - Excel・ファイルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ファイルを削除(Kill ステートメント)

ファイルを削除する ファイルを削除するには、Kill ステートメント を使用しま …

テキストファイル:データを読み込む(Input 関数・InputB 関数)

Input 関数・InputB 関数 Open ステートメントをシーケンシャル入 …

FileDateTime 関数
ファイルのタイムスタンプを取得(FileDateTime 関数)

ファイルのタイムスタンプを取得 ファイルのタイムスタンプを取得するには、File …

特殊フォルダ
特殊フォルダを取得(wsh.SpecialFolders)

CreateObject 関数:特殊フォルダを取得(WSH.SpecialFol …

Get ステートメント Binary モード 01
テキストファイル:データを読み込む(Get ステートメント)

Get ステートメント Open ステートメント をランダムアクセスモード(Ra …

FileDialogFilters コレクション・FileDialogFilter オブジェクト

FileDialogFilters コレクション FileDialog オブジェ …

FileLen 関数
ファイルサイズを取得(FileLen 関数)

ファイルサイズを取得 ファイルのサイズ(バイト数)を取得するには、FileLen …

Open ステートメントで使用できるファイル番号を取得(FreeFile 関数)

FreeFile 関数 Open ステートメントで使用するファイル番号( 1 ~ …

「ファイル」ダイアログボックスを表示・設定(FileDialog オブジェクト)

FileDialog オブジェクト FileDialog オブジェクト のメソッ …

テキストファイル:データを書き込む(Print # ステートメント)

Print # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …