ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

FileDialog オブジェクトを取得する(FileDialog プロパティ)

      2016/03/09

FileDialog プロパティ

FileDialog オブジェクト を取得します。引数に、ダイアログボックスの種類を表す MsoFileDialogType 列挙型 の定数を指定します。
実際にダイアログボックスを表示したり、指定したファイルを開いたりするには、FileDialog オブジェクトShow メソッドExecute メソッド を使用します。
FileDialog オブジェクト に関する詳細は、「ファイル」のダイアログボックスを表示(FileDialog オブジェクト) を参照して下さい。


【書式】

object.FileDialog ( filedialogtype )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • filedialogtype  ・・・  ダイアログボックスの種類を表す MsoFileDialogType 列挙型の定数またはその値を指定します。
    定数 内容
    msoFileDialogOpen 1 「ファイルを開く」ダイアログボックス
    msoFileDialogSaveAs 2 「名前を付けて保存」ダイアログボックス
    msoFileDialogFilePicker 3 「参照」ダイアログボックス(ファイルを選択)
    msoFileDialogFolderPicker 4 「参照」ダイアログボックス(フォルダを選択)



FileDialog プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Sample_FileDialogProperty を実行

FileDialog プロパティ 01

「test.xlsx」を選択して「開く」をクリック

FileDialog プロパティ 02



 - Excel・ファイルの操作 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

FileDateTime 関数
ファイルのタイムスタンプを取得(FileDateTime 関数)

ファイルのタイムスタンプを取得 ファイルのタイムスタンプを取得するには、File …

Excel を終了する(Quit メソッド)

Excel を終了する(Quit メソッド) Quit メソッドを実行すると、E …

「ファイルを開く」ダイアログボックス(FindFile メソッド)

FindFile メソッド 「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示します。G …

ファイル名・パス取得
フルパスからファイル名、パスを取得する

フルパスからファイル名のみを取得する フルパスからファイル名を取得するには、Di …

「名前を付けて保存」ダイアログボックスを表示(GetSaveAsFilename メソッド)

GetSaveAsFilename メソッド 「名前を付けて保存」ダイアログボッ …

テキストファイル:データを読み込む(Line Input # ステートメント)

Line Input # ステートメント Open ステートメントをシーケンシャ …

LOF 関数・Loc 関数
開いているファイルのサイズ・位置の取得(LOF 関数・Loc 関数)

LOF 関数 Open ステートメント により開かれたファイルのサイズをバイト単 …

RmDir ステートメント 00
ディレクトリまたはフォルダの削除(RmDir ステートメント)

ディレクトリまたはフォルダの削除 ディレクトリまたはフォルダを削除するには、Rm …

Write # ステートメント 00
テキストファイル:データを書き込む(Write # ステートメント)

Write # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …

開いているファイルの現在の読み取り位置または書き込み位置を取得(Seek 関数)

Seek 関数 Open ステートメント で開いたファイル内の現在の読み取り位置 …