ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ファイルを削除(Kill ステートメント)

      2016/05/21

ファイルを削除する

ファイルを削除するには、Kill ステートメント を使用します。ファイルはディスク上から削除されるのでゴミ箱から復活させることはできません。


【構文】

Kill pathname


引数・戻り値

  • pathname  ・・・  削除するファイルの名前と場所を文字列式で指定します。複数文字のワイルドカード(*)、単一文字のワイルドカード(?)を使用することで、複数のファイルを指定することも可能です。

存在しないファイルに対して、Kill ステートメント を使用するとエラーが発生します。(ファイルの存在を確認する方法については、ファイルの検索・フォルダ内のファイル一覧を取得(Dir 関数) を参照してください。)

開いているファイルに対して、Kill ステートメント を使用するとエラーが発生します。

ディレクトリまたはフォルダを削除する方法については、ディレクトリまたはフォルダの削除(RmDir ステートメント) を参照してください。



Kill ステートメント 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

実行前

Kill ステートメント 00

Sub Sample01_Kill() を実行

Kill ステートメント 01

Sub Sample02_Kill() を実行

Kill ステートメント 02

Sub Sample03_Kill() を実行

Kill ステートメント 03



 - Excel・ファイルの操作 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

テキストファイル:データを読み込む(Input # ステートメント)

Input # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル入力モ …

Excel の組み込みダイアログボックス(Dialog, Dialogs)

Excel の組み込みダイアログボックスを表示 Dialog オブジェクト を使 …

no image
XlBuiltInDialog 列挙型

XlBuiltInDialog 列挙型 Excel の組み込みダイアログボックス …

テキストファイル:データを読み込む(Input 関数・InputB 関数)

Input 関数・InputB 関数 Open ステートメントをシーケンシャル入 …

Open ステートメントで使用できるファイル番号を取得(FreeFile 関数)

FreeFile 関数 Open ステートメントで使用するファイル番号( 1 ~ …

Open ステートメント・Close ステートメント
テキストファイル(Open ステートメント・Close ステートメント)

新規ブックを開かずにテキストファイルを開く OpenText ステートメント を …

「ファイル」ダイアログボックスを表示・設定(FileDialog オブジェクト)

FileDialog オブジェクト FileDialog オブジェクト のメソッ …

「名前を付けて保存」ダイアログボックスを表示(GetSaveAsFilename メソッド)

GetSaveAsFilename メソッド 「名前を付けて保存」ダイアログボッ …

フォルダ名・ファイル名を変更(Name ステートメント)

フォルダ名およびファイル名を変更 Name ステートメント で、ファイル、ディレ …

FileCopy ステートメント00
ファイルをコピー(FileCopy ステートメント)

FileCopy ステートメント ファイルをコピーします。ただし、開いているファ …