ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

引数を可変にする( ParamArray )

   

ParamArray キーワード


ParamArray キーワードを使用すると任意の数の引数を渡すことができます。


【構文】

Sub name ( [ varname1 As varname1_type, varname2 As varname2_type, …, ] ParamArray varnamelast () [ As varnamelast_type ] )


【項目の説明】

  • name  ・・・  定義するプロシージャ(Sub プロシージャ・Function プロシージャなど)の名前
  • varname1,varname2  ・・・  プロシージャを呼び出したときに引き渡す引数を指定します。カンマ(,)で区切って複数指定することができます。
  • varname1_type,varname2_type  ・・・  引数 varname1,varname2 のデータ型を指定します。省略すると引数 varname は、バリアント型(Variant)となります。
  • varnamelast()  ・・・  引数(バリアント型(Variant)の配列)を指定します。
  • varnamelast_type  ・・・  引数 varnamelastのデータ型(バリアント型のみ)を指定します。

複数の引数を指定する場合、ParamArray最後に指定する必要があります。

ParamArray キーワードを使用した引数は、バリアント型(Variant)の配列として宣言しなければなりません。

ParamArray キーワードを使用した引数に、ByRefByValOptional の各キーワードを使用することはできません(その引数は、常に参照渡しとなります)。

ParamArray キーワードを使用した場合、別の引数に対して、Optional キーワードを使用することはできません。

ParamArray キーワードは、Option Base 1 ステートメントの影響を受けません。配列の添え字の最小値は、常に「0」となります。


「ParamArray キーワード」の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

ParamArray キーワード 例




 - 構文 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

setステートメント使用例 1
set ステートメントを使う

Set ステートメントを使う 【構文 1】 Dim objectvar [ As …

変数やプロシージャのスコープ(適用範囲)

変数やプロシージャのスコープ(適用範囲) 【構文:変数の宣言】 { Dim | …

プロシージャ作成 例
プロシージャを作成する( Sub, Function )

プロシージャを作成する プロシージャとは、実行時に 1 つの単位として処理される …

for each next ステートメント例
繰り返し処理(For Each…Next ステートメント)

For Each…Next ステートメントの使い方 【構文】 For …

If文使用例その1
条件分岐 If文(If…Then…Else ステートメント)

If…Then…Else ステートメントの使い方 【構文 …

While_Wend ステートメント例
繰り返し処理(While…Wend ステートメント)

While…Wend ステートメントの使い方 【構文】 While …

GoTo ステートメント01
プロシージャ内のサブルーチンへ移動(GoTo ステートメント)

GoTo ステートメント GoTo ステートメントは、指定したラベルのサブルーチ …

条件分岐(Select Case ステートメント)

Select Case ステートメントの使い方 【構文】 Select Case …

On Error ステートメント(例)その1
エラー処理(On Error ステートメント / Errオブジェクト)

On Error ステートメントの使い方 【構文 1】 On Error GoT …

ユーザー定義型変数を使う(Type ステートメント)

Type ステートメントを使う Type ステートメントを使うと1つまたは複数の …