ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ブックの表示・非表示(Visible プロパティ)

   

ブック表示・非表示(Visible プロパティ)

ブック(ウィンドウ)が表示されているかどうかを取得およびブック(ウィンドウ)の表示・非表示の設定をおこないます。


【書式】

<取得>
object.Visible

<設定>
object.Visible = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Window オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。True を指定すると、ブック(ウィンドウ)を表示、False を指定すると、ブック(ウィンドウ)を非表示にします。

Excel 2013 からは、SDI(シングル ドキュメント インターフェイス)を採用してるため、Window.Visible プロパティ はあまり使うことは無いかもしれません。特定のワークシートの表示・非表示を設定する Worksheet オブジェクト を使用することが多いと思います。
特定のワークシートを表示・非表示を設定するには、object に、Worksheet オブジェクト を指定します(詳細は、ワークシートの非表示・再表示(Visible プロパティ) を参照して下さい)。



Visible プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Excel 2013 で、新規ブック「Book1」「Book2」を作成

Window.Visible プロパティ 1

「サンプルVBAソース」を実行後

Window.Visible プロパティ 2



 - ブック・シートの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

表示されているセル範囲を取得(VisibleRange プロパティ)

VisibleRange プロパティ 現在表示されているセル範囲(Range オ …

印刷する用紙の向きを設定(PageSetup.Orientation プロパティ)

PageSetup.Orientation プロパティ PageSetup.Or …

ウィンドウのタイトル(Window.Caption プロパティ)

ウィンドウのタイトル(Caption プロパティ) Windows.Captio …

共有ファイルを開いているユーザー情報を取得(UserStatus プロパティ)

共有ファイルを開いているユーザー情報を取得 UserStatus プロパティは、 …

ウィンドウの位置を入れ替える(ActivatePrevious メソッド、ActivateNext メソッド)

ウィンドウの位置を入れ替える ActivatePrevious メソッド、Act …

ページ数に合わせて印刷(FitToPagesTall, FitToPagesWide)

PageSetup.FitToPagesTall プロパティ PageSetup …

ワークシートを参照する(Worksheets プロパティ)

Worksheets プロパティ Worksheets プロパティは、Works …

CreateBackup プロパティ 実行前
保存時にバックアップファイルが作成されるかどうかを確認(CreateBackup プロパティ)

バックアップファイルが作成されるかどうかを確認 CreateBackup プロパ …

印刷時の改ページ設定(Add,ResetAllPageBreaks)

改ページの追加と解除 印刷時に改ページを指定するには、HPageBreaks コ …

選択されているシートを参照
選択されているシートを参照する(SelectedSheets プロパティ)

SelectedSheets プロパティ 選択されているすべてのシートをあらわす …