ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

Windows API:時間を計測(GetTickCount、timeGetTime)

   

ミリ秒単位の時間を計測

Windows APIGetTickCounttimeGetTime を使うとミリ秒単位で経過時間を計測することができます。VBA で、経過時間の計測を行うには、Now 関数 を利用したり、Timer 関数 を使用します。


GetTickCount


【書式】

<宣言>
Declare Function GetTickCount Lib “kernel32” () As Long

GetTickCount


引数・戻り値

  • 戻り値  ・・・  システムを起動した後の経過時間(ミリ秒(ms)単位で取得)を表す DWORD 型の値(VBA では、Long 型 に該当)。

timeGetTime


【書式】

<宣言>
Declare Function timeGetTime Lib “winmm.dll” () As Long

timeGetTime


引数・戻り値

  • 戻り値  ・・・  Windows が起動してから経過した時間(ミリ秒(ms)単位で取得)を表す DWORD 型の値(VBA では、Long 型 に該当)。

Windows API を使用するための宣言については、Windows API を使う(Declare ステートメント) を参照してください。



GetTickCount・timeGetTime で、時間を計測する例

サンプルVBAソース 1


実行結果 1

WindowsAPI GetTickCount



サンプルVBAソース 2


実行結果 2

Declare ステートメント



 - Windows API , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Windows API を使う(Declare ステートメント)

Windows API を使う VBA から Windows API(Appli …