ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

      2015/03/22

MsgBox関数



【書式】
result = MsgBox ( Prompt [ , Buttons, Title, Helpfile, Context ] )

【引数】

  • Prompt ・・・ 表示する文字列
  • Buttons ・・・ ボタンの種類・個数・アイコンのスタイル等(省略可)
  • Title      ・・・ ダイアログボックスのタイトルバーに表示する文字列(省略可)
  • Helpfile ・・・ ヘルプファイルのファイル名(省略可)
  • Context ・・・ ヘルプトピックに指定したコンテキスト番号(省略可)

【戻値】

  • result  ・・・ ユーザーが選択したボタンに対応する定数


引数 Prompt に複数行を指定する場合は、キャリッジリターン(Chr(13))、ライン フィード (Chr(10))、またはキャリッジ リターンとライン フィードの組み合わせ (Chr(13) & Chr(10)) を改行位置に挿入します。

引数 Buttons を省略すると、既定値 vbOKOnly(0) になり、「OK」ボタンのみ表示されます。

引数 Title を省略すると、「Microsoft Excel」となります。

引数 Helpfile に、使用するヘルプファイルの名前を使用することで [F1] キーを押してヘルプを参照できるようになります。このとき 引数 Context も指定する必要があります。


ボタンの種類・個数・スタイルを示す定数の一覧(Bottons)

表示するボタン

定数 表示するボタン
vbOKOnly 【規定値】 0 [OK] ボタンのみ
vbOKCancel 1 [OK] ボタンと [キャンセル] ボタン
vbAbortRetryIgnore 2 [中止] [再試行] [無視] の 3 つのボタン
vbYesNoCancel 3 [はい] [いいえ] [キャンセル] の 3 つのボタン
vbYesNo 4 [はい] ボタンと [いいえ] ボタン
vbRetryCancel 5 [再試行] ボタンと [キャンセル] ボタン

アイコンの種類

定数 表示するアイコン
vbCritical 16 警告メッセージ アイコンを表示
vbQuestion 32 問い合わせメッセージ アイコンを表示
vbExclamation 48 注意メッセージ アイコンを表示
vbInformation 64 情報メッセージ アイコンを表示

デフォルトのボタン

定数 デフォルトのボタン
vbDefaultButton1 【規定値】 0 第 1 ボタン
vbDefaultButton2 256 第 2 ボタン
vbDefaultButton3 512 第 3 ボタン
vbDefaultButton4 768 第 4 ボタン

その他

定数 内容
vbApplicationModal【規定値】 0 アプリケーションモーダルに設定
vbSystemModal 4096 システムモーダルに設定
vbMsgBoxHelpButton 16384 ヘルプ ボタンを表示
VbMsgBoxSetForeground 65536 最前面のウィンドウとして表示
vbMsgBoxRight 524288 テキストを右寄せで表示
vbMsgBoxRtlReading 1048576 テキストを、右から左の方向で表示



MsgBox関数の戻り値(result)

定数 内容
vbOK 1 [OK]
vbCancel 2 [キャンセル]
vbAbort 3 [中止]
vbRetry 4 [再試行]
vbIgnore 5 [無視]
vbYes 6 [はい]
vbNo 7 [いいえ]



MsgBox関数の使用例

VBAソース

MsgBox関数のマクロ実行例

メッセージボックス使用例


 - VBA基本 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
VBA の演算子(比較演算子)

比較演算子 比較演算子による演算の結果は「真」の場合は「True」、「偽」の場合 …

Array 関数(1)
Array 関数(バリアント型の配列を作成)

Array 関数の使い方 【書式】 myArray = Array ( elem …

インプットボックスを表示する(InputBox関数・InputBoxメソッド)

「InputBox関数」と「InputBoxメソッド」の違い 「InputBox …

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

Partition 関数 の使い方 Partition 関数は、ある数値が、区切 …

配列の添字の最小値を「1」に設定する

Option Base ステートメントを使用する 【書式】 Option Bas …

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

文字列:アルファベットを小文字または大文字に変換(LCase 関数,UCase 関数)

LCase 関数・UCase 関数 の使い方 【書式】 <アルファベットの大文字 …

文字列:2つの文字列を比較する(StrComp 関数)

StrComp 関数の使い方 【書式】 result = StrComp ( s …

列挙型変数(Enum ステートメント)

列挙型変数を使う 列挙型変数を使用するには、Enum ステートメントを使って、宣 …

画面の更新を停止(ScreenUpdating プロパティ)

画面の更新を停止 マクロを実行すると、画面が更新されます。これにより、実行速度が …