ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value2 プロパティ)

   

Value2 プロパティ

Value プロパティとの違いは、Value2 プロパティでは、通貨型(Currency)および日付型(Date)のデータ型(内部処理形式)を直接使用しないことです。これらのデータ型は、倍精度浮動数点型(Double)の数値としては使用できます。


【書式】

< 取得 >
result = Object.Value2

< 設定 >
Object.Value2 = variant


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となるRange オブジェクト
  • variant  ・・・  セルの値を指定します(バリアント型:Variant)。
  • result  ・・・  セルの値(バリアント型:Variant)

シリアル値を取得する
セルに日付が入力されている場合、Value2 プロパティを使用するとシリアル値を取得することができます。


Value2 プロパティの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Value2 プロパティ 例




 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

書式で検索(Find メソッド,FindFormat プロパティ)

書式で検索 書式を条件にセルを検索する場合、まず、その書式条件を CellFor …

Stop
入力規則(リストで制限する)Validation.Add メソッド

ドロップダウンリストで入力値を制限 Validation.Add メソッド(また …

文字の向きを表す値を取得・設定する(Orientation プロパティ)

Orientation プロパティ Orientation プロパティで、文字列 …

アクティブなセルを参照する(ActiveCell プロパティ)

ActiveCell プロパティ ActiveCell プロパティは、各ウィンド …

ハイパーリンク(Hyperlink オブジェクト)

Hyperlink オブジェクト Hyperlinks コレクション のメンバー …

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …

現在選択されているセルを参照(RangeSelection プロパティ)

RangeSelection プロパティ 実際に何が選択されているかにかかわらず …

対象のセル・セル範囲に数式があるかどうか調べる(HasFormula プロパティ)

HasFormula プロパティ HasFormula プロパティは、対象のセル …

Validation プロパティ 使用例3
入力規則(入力時メッセージの設定)Validation オブジェクト

入力規則の入力時メッセージを表示する Validation.ShowInput …

オートフィルタ(日付による抽出)AutoFilter メソッド

日付で、抽出する(AutoFilter メソッド) 【書式】 object.Au …