ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

テキストファイル:データを書き込む(Write # ステートメント)

   

Write # ステートメント

Open ステートメントシーケンシャル出力モード(Output)または追加モード(Append)で開いたファイルにデータを書き込みます。書き込まれるデータ間には、カンマ(,)が挿入されます。


【構文】

Write #filenumber, [ outputlist, … ]


引数・戻り値

  • filenumber  ・・・  Open ステートメント で、割り当てられたファイル番号を指定します。
  • outputlist  ・・・  ファイルに書き込む値(数式や文字列式)を指定します。複数指定する場合は、カンマ(,)で区切って指定します。引数 outputlist を省略するとファイルには空白行が書き込まれます。このとき、直前のカンマ(,)は省略できません。
    1. 文字列データの場合、ダブルクォーテーション(”)で囲まれて書き込まれます。
    2. ブール型(Boolean)のデータの場合、#TRUE# または #FALSE# が書き込まれます。
    3. 日付型(Date)のデータの場合、汎用日付形式(#yyyy-mm-dd hh:mm:ss#、#yyyy-mm-dd#、#hh:mm:ss#)を使用して書き込まれます。
    4. Null データの場合、#NULL# が書き込まれます。
    5. Error データの場合、#ERROR errorcode# が書き込まれます。
    6. Empty の場合は、何も書き込まれません。
    7. 引数 outputlist に、複数指定した場合、データ間にはカンマ(,)が挿入されます。

Write # ステートメントでは、引数 outputlist の最後の文字がファイルに書き込まれた後に、改行文字のキャリッジリターンとラインフィード( Chr(13) + Chr(10) )が挿入されます。

Write # ステートメントで書き込まれるデータは、通常、Input # ステートメントでファイルから読み取られます。



Write # ステートメント 使用例

サンプルVBAソース 1


実行結果

「Sheet1」の表

Write # ステートメント 00

サンプルVBAソース 実行後に作成されたファイルの内容

Write # ステートメント 01



サンプルVBAソース 2


実行結果

サンプルVBAソース 2 実行後に作成されたファイルの内容

Write # ステートメント 02



 - Excel・ファイルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「名前を付けて保存」ダイアログボックスを表示(GetSaveAsFilename メソッド)

GetSaveAsFilename メソッド 「名前を付けて保存」ダイアログボッ …

Dir 関数 01
ファイルの検索・フォルダ内のファイル一覧を取得(Dir 関数)

Dir 関数 Dir 関数で、ファイルの存在を確認したり、指定したフォルダ内のフ …

FileDialogFilters コレクション・FileDialogFilter オブジェクト

FileDialogFilters コレクション FileDialog オブジェ …

ディレクトリまたはフォルダの作成(MkDir ステートメント)

ディレクトリまたはフォルダの作成 新しいディレクトリまたはフォルダを作成するには …

FileDateTime 関数
ファイルのタイムスタンプを取得(FileDateTime 関数)

ファイルのタイムスタンプを取得 ファイルのタイムスタンプを取得するには、File …

RmDir ステートメント 00
ディレクトリまたはフォルダの削除(RmDir ステートメント)

ディレクトリまたはフォルダの削除 ディレクトリまたはフォルダを削除するには、Rm …

FileDialog オブジェクトを取得する(FileDialog プロパティ)

FileDialog プロパティ FileDialog オブジェクト を取得しま …

GetAttr 関数
ファイル属性の取得・設定(GetAttr 関数・SetAttr ステートメント)

ファイル属性の取得(GetAttr 関数) ファイルやフォルダ(ディレクトリ)の …

EOF 関数
EOF 関数

EOF 関数 Open ステートメント をランダムアクセスモード(Random) …

LOF 関数・Loc 関数
開いているファイルのサイズ・位置の取得(LOF 関数・Loc 関数)

LOF 関数 Open ステートメント により開かれたファイルのサイズをバイト単 …