ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

テキストファイル:データを読み込む(Line Input # ステートメント)

   

Line Input # ステートメント

Open ステートメントをシーケンシャル入力モード(Input)で開いたファイルのデータを 1 行単位で読み込みます。


【構文】

Line Input #filenumber,varname


引数・戻り値

  • filenumber  ・・・  Open ステートメント で、割り当てられたファイル番号を指定します。
  • varname  ・・・  ファイルから読み込まれた値(キャリッジリターン:Chr(13) または改行コード:Chr(13) + Chr(10) で区切られた内容)を格納する変数を指定します。


Input # ステートメント では、読み取り時、区切り文字のカンマ(,)やダブルクォーテーション(”)は、変数に格納されませんが、Line Input # ステートメント では、キャリッジリターン( Chr(13) )またはキャリッジリターンとラインフィード( (Chr(13) + Chr(10) )の文字の並びを検出するまでのすべての文字が変数に格納されます。ただし、Chr(13) と Chr(10) は、変数に追加されずスキップされます。

Line Input # ステートメント を使用して読み取られるデータは、通常、Print # ステートメント を使用してファイルに書き込まれます。



Line Input # ステートメント 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

読み込むテキストファイルの内容

テキストファイル


サンプルVBAソース を実行

Line Input # ステートメント



 - Excel・ファイルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

EOF 関数
EOF 関数

EOF 関数 Open ステートメント をランダムアクセスモード(Random) …

「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示(GetOpenFilename メソッド)

GetOpenFilename メソッド ファイル名を取得するための、「ファイル …

Open ステートメントで使用できるファイル番号を取得(FreeFile 関数)

FreeFile 関数 Open ステートメントで使用するファイル番号( 1 ~ …

ディレクトリまたはフォルダの作成(MkDir ステートメント)

ディレクトリまたはフォルダの作成 新しいディレクトリまたはフォルダを作成するには …

Open ステートメント・Close ステートメント
テキストファイル(Open ステートメント・Close ステートメント)

新規ブックを開かずにテキストファイルを開く OpenText ステートメント を …

Width # ステートメント
テキストファイル:出力する 1 行の幅を設定(Width # ステートメント)

Width # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …

FileCopy ステートメント00
ファイルをコピー(FileCopy ステートメント)

FileCopy ステートメント ファイルをコピーします。ただし、開いているファ …

Excelでテキストファイルを開く(OpenText メソッド)

Excelでテキストファイルを開く OpenText メソッドで、テキストファイ …

Dir 関数 01
ファイルの検索・フォルダ内のファイル一覧を取得(Dir 関数)

Dir 関数 Dir 関数で、ファイルの存在を確認したり、指定したフォルダ内のフ …

ファイルを削除(Kill ステートメント)

ファイルを削除する ファイルを削除するには、Kill ステートメント を使用しま …