ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

      2016/02/18

Round 関数(丸め)の使い方


【書式】

value = Round ( expression [, decimal_places ] )


【引数・戻り値】

  • expression  ・・・  丸めを行う数値・数式を指定します。Null 値が含まれている場合は、Null 値を返します。
  • decimal_places  ・・・  丸めを行う小数点以下の桁数を表す数値を指定します。「0」を指定した場合、Round 関数 は、整数値を返します(省略可 ⇒ 規定値は「0」)。
  • value  ・・・  decimal_places で指定された小数点位置で丸めた数値

VBA の Round 関数は、丸め(銀行型) です。

Excel の Round 関数は、四捨五入です。

銀行型丸めと四捨五入の違い

「最近接偶数への丸め」「偶数丸め」「最近接丸め」とも呼ばれます。
銀行型丸めは、端数が 0.5 より小さいときは切り捨て、端数が 0.5 より大きいときは切り上げ、端数がちょうど 0.5 の場合は、切り捨てと切り上げのうち結果が偶数となる方へ丸めます

四捨五入と銀行型丸め



四捨五入・切り上げ・切り捨て


【書式】

<四捨五入>
value = Application.WorksheetFunction.Round ( expression , decimal_places )

<切り上げ>
value = Application.WorksheetFunction.RoundUp ( expression , decimal_places )

<切り捨て>
value = Application.WorksheetFunction.RoundDown ( expression , decimal_places )


【引数・戻り値】

  • expression  ・・・  「四捨五入・切り上げ・切り捨て」を行う数値・数式を指定します。
  • decimal_places  ・・・  「四捨五入・切り上げ・切り捨て」を行う小数点以下の桁数を表す数値を指定します。「0」を指定した場合は、整数値を返します(省略不可)。
  • value  ・・・  decimal_places で指定された小数点位置で「四捨五入・切り上げ・切り捨て」した数値

上記の Round 関数RoundUp 関数RoundDown 関数 は、エクセルのワークシート関数です。

ワークシート関数は WorksheetFunction クラスのメンバで、VBAからも利用することが可能です( ワークシート関数を呼び出すには Application オブジェクトの WorksheetFunction プロパティを使用します)。



「丸め、四捨五入・切り上げ・切り捨て」の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

四捨五入他使用例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …

文字列:文字列を指定した形式に変換する(StrConv 関数)

StrConv 関数の使い方 【書式】 result = StrConv ( s …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

色の設定(ThemeColor プロパティ・TintAndShade プロパティ)

ThemeColor プロパティ・TintAndShade プロパティ テーマカ …

文字列:文字を指定数並べた文字列を返す(String 関数)

String 関数 【書式】 result = String ( number, …

変数がオブジェクト型かどうかをチェックする( IsObject 関数 )

IsObject 関数の使い方 【書式】 result = IsObject ( …

乱数(Rnd 関数)例1
乱数を生成する(Rnd 関数)

Rnd 関数の使い方 Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動 …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

対象のオブジェクトをクリアする(Clear メソッド)

Clear メソッド 対象となるオブジェクト全体をクリアします。Range オブ …