ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列の一部の書式を変更(Characters プロパティ)

      2015/08/07

文字列の一部を参照(Characters プロパティ)

Characters プロパティで、引数(開始文字位置取得文字数)を指定することで、「文字列の一部」を Characters オブジェクトとして取得することができます。
「文字列の一部」の書式を変更するには、取得した Characters オブジェクトFont プロパティを使用します。


【書式】

object.Characters (start, length )

object.Characters (Start:= start, Length:= length )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトなどを指定します。
  • start  ・・・  取得する文字の開始位置を指定します(1 文字目が、1 となります)。省略すると、先頭文字から始まる文字列範囲を返します。
  • length  ・・・  取得する文字数を指定します。省略すると引数 start で指定された文字より後にある文字列すべてを返します。


Insert メソッド
start の位置から、length 文字で指定した文字列と新しく指定した文字列を置き換えます。
(使用例)
 Range(“A1”).Value = “ABCDE”
 Range(“A1”).Character( 2, 2 ).Insert(“あいう”)
 ⇒ ”AあいうDE”

Delete メソッド
start の位置から、length 文字で指定した文字列を削除します。
(使用例)
 Range(“A1”).Value = “ABCDE”
 Range(“A1″).Character( 2, 3 ).Delete
 ⇒ ”AE”



Characters オブジェクトの主なプロパティ

Characters.Count プロパティ

オブジェクトの数(文字数)を表す長整数型(Long)の値を返します。


【書式】

object.Characters.Count


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。

使い方

 セル「A1」に入力された値の文字数をメッセージボックスで表示します。
  MsgBox Range(“A1”).Characters.Count



Characters.Text プロパティ

引数(start, length)で指定した文字列を取得、設定します。


【書式】

<取得>
object.Characters ( start, length ).Text

<設定>
object.Characters ( start, length ).Text = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • start  ・・・  取得する文字の開始位置を指定します(1 文字目が、1 となります)。省略すると、先頭文字から始まる文字列範囲を返します。
  • length  ・・・  取得する文字数を指定します。省略すると引数 start で指定された文字より後にある文字列すべてを返します。
  • string  ・・・  引数(start, length)で指定した文字列と置き換える文字列を指定します。


Characters.Font プロパティ

引数(start, length)で指定した文字列のフォント(Font オブジェクト)を取得、設定します。


【書式】

object.Characters ( start, length ).Font


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • start  ・・・  取得する文字の開始位置を指定します(1 文字目が、1 となります)。省略すると、先頭文字から始まる文字列範囲を返します。
  • length  ・・・  取得する文字数を指定します。省略すると引数 start で指定された文字より後にある文字列すべてを返します。


書式変更の詳細は、フォントの設定(Font プロパティ)を参照してください。



Characters.PhoneticCharacters プロパティ

引数(start, length)で指定した文字列のフリガナ情報の取得、設定を行います。


【書式】

<取得>
object.Characters ( start, length ).PhoneticCharacters

<設定>
object.Characters ( start, length ).PhoneticCharacters = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • start  ・・・  取得する文字の開始位置を指定します(1 文字目が、1 となります)。省略すると、先頭文字から始まる文字列範囲を返します。
  • length  ・・・  取得する文字数を指定します。省略すると引数 start で指定された文字より後にある文字列すべてを返します。
  • string  ・・・  引数(start, length)で指定した文字列に設定するフリガナ(文字列型)を指定します。


Characters.PhoneticCharacters プロパティの詳細・使用例は、フリガナの設定(Characters プロパティ,PhoneticCharacters メソッド) を参照してください。



Characters プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Character プロパティ 例


 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

次の検索(FindNext メソッド,FindPrevious メソッド)

FindNext メソッド Find メソッドで開始された検索を継続します。引数 …

オートフィルタ(色で抽出する)AutoFilter メソッド

オートフィルタ(色で抽出する) フォントの色、セルの背景色(条件付き書式による設 …

行・列の表示・非表示(Hidden プロパティ)

Hidden プロパティ Hidden プロパティに True を設定することで …

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …

入力規則(他セルや数式を利用して許容値を設定)Validation オブジェクト

他のセルや数式を利用して許容値を設定する 入力規則(その5) での設定を、マクロ …

オートフィルタ(日付・時刻のグループ化)AutoFilter メソッド

グループ化された日付や時刻で、レコードを抽出する Excel 2007 から日付 …

終端セルを参照する(End プロパティ)

End プロパティ End プロパティは、基準となるセルが含まれる領域の指定した …

対象のセルを参照している全てのセルを取得(Dependents プロパティ)

Dependents プロパティ Dependents プロパティは、対象のセル …

フリガナ(Phonetics プロパティ)

Phonetics プロパティ Phonetics コレクションを返します。値の …

RemoveDuplicates メソッド 使用例1a
重複するデータを削除(RemoveDuplicates メソッド)

RemoveDuplicates メソッド 指定したセル範囲から重複データを含む …