ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

      2015/04/02

多次元配列


【書式】 多次元配列の宣言

<静的配列(固定長配列)>
Dim myArray ( [ lower To ] upper [, [ lower To ] upper … ] ) [ As Type ]

<動的配列>
Dim myArray () [ As Type ]


【書式】 配列の要素数・次元の変更

ReDim [ Preserve ] myArray ( [ lower To ] upper [, [ lower To ] upper … ] ) [ As Type ]


【項目の説明】

  • myArray  ・・・  配列の変数名
  • lower  ・・・  配列の添字最小値(先頭のインデックス:省略可)
  • upper  ・・・  配列の添字最大値(末尾のインデックス
  • Type  ・・・  変数のデータ型 を指定(省略時は Variant(バリアント型)になります)

lower To 」の部分は省略可能です(省略時の配列の添字最低値は「0」、Option Base 1 を指定している場合は「1」となります)。
 upper, lower To upper, upper
のように指定できます。


【Dim ステートメントについて】

配列の添字の部分( “( )” 内の部分 )の構文は、次元に応じて以下のように指定します。
 lower To upper, lower To upper, lower To upper
最大60次元まで指定可能です

Dim ステートメントで、要素数を指定せずに宣言した場合その配列は実行時に要素数を変更することができます(動的配列)。しかしそのままでは使用できないので、ReDim ステートメントを使って、要素数・次元数を指定します。


【ReDim ステートメントについて】

ReDim ステートメントを使用すると動的配列の要素数・次元数を変更することができます。

Preserve キーワードを使用すると、その配列にすでに格納されている値を失わずに要素数を変更することができます。ただしこれを使用する時は、配列の次元を変更することはできません。



多次元配列の使用例

VBAソース(その1)


実行結果

多次元配列 例01


VBAソース(その2)


実行結果

多次元配列 例02


VBAソース(その3)




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

VBAの変数宣言

VBAの変数宣言について 変数を暗黙的に宣言する エクセル VBA の場合、明示 …

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

Round 関数(丸め)の使い方 【書式】 value = Round ( ex …

ショートカットメニュー
ショートカットメニュー(CommandBar オブジェクト)

ショートカットメニュー(コンテキストメニュー) 右クリックで表示されるメニューの …

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

Spc 関数 01
指定した数のスペースを挿入する(Spc 関数)

指定した数のスペースを挿入 指定した数のスペースを挿入するには、Spc 関数を使 …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

上付き文字・下付き文字(Superscript,Subscript)

上付き文字(Superscript プロパティ) Superscript プロパ …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …