ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

開いているファイルのサイズ・位置の取得(LOF 関数・Loc 関数)

      2016/01/04

LOF 関数

Open ステートメント により開かれたファイルのサイズをバイト単位を表す長整数型(Long)の値で取得するには、LOF 関数を使用します。


【書式】

<取得>
result = LOF ( filenumber )


引数・戻り値

  • filenumber  ・・・  Open ステートメント で、割り当てられたファイル番号を指定します。
  • result  ・・・  ファイルサイズ(バイト単位)を表す長整数型(Long)の値。

開いていないファイルのサイズを取得するには FileLen 関数 を使用します。



Loc 関数

Open ステートメント により開かれたファイル内の現在の読み取り位置または書き込み位置をあらわす長整数型(Long)の値を取得するには、Loc 関数を使用します。


【書式】

<取得>
result = Loc ( filenumber )


引数・戻り値

  • filenumber  ・・・  Open ステートメント で、割り当てられたファイル番号を指定します。
  • result  ・・・  現在の読み取り位置または書き込み位置を示す長整数型(Long)の値で、Open ステートメントを使用してファイルを開く時のモードにより以下のとおりになります。
    モード result の内容
    ランダムアクセスモード(Random) 最後に読み取りまたは書き込みを行ったレコードの番号
    バイナリモード(Binary) 最後に読み取りまたは書き込みを行ったバイトの位置
    シーケンシャル入力モード(Input)
    シーケンシャル出力モード(Output)
    追加モード(Append)
    ファイル内の現在のバイト位置を 128 で割った値。



LOF 関数・Loc 関数 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

LOF 関数・Loc 関数



 - Excel・ファイルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

FileDialog オブジェクトを取得する(FileDialog プロパティ)

FileDialog プロパティ FileDialog オブジェクト を取得しま …

ファイルを削除(Kill ステートメント)

ファイルを削除する ファイルを削除するには、Kill ステートメント を使用しま …

「ファイル」ダイアログボックスを表示・設定(FileDialog オブジェクト)

FileDialog オブジェクト FileDialog オブジェクト のメソッ …

Get ステートメント Binary モード 01
テキストファイル:データを読み込む(Get ステートメント)

Get ステートメント Open ステートメント をランダムアクセスモード(Ra …

ディレクトリまたはフォルダの作成(MkDir ステートメント)

ディレクトリまたはフォルダの作成 新しいディレクトリまたはフォルダを作成するには …

「名前を付けて保存」ダイアログボックスを表示(GetSaveAsFilename メソッド)

GetSaveAsFilename メソッド 「名前を付けて保存」ダイアログボッ …

Width # ステートメント
テキストファイル:出力する 1 行の幅を設定(Width # ステートメント)

Width # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …

Seek ステートメント 1-1
開いているファイルの読み取り位置または書き込み位置を設定(Seek ステートメント)

Seek ステートメント Open ステートメント で開いているファイルで、次に …

「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示(GetOpenFilename メソッド)

GetOpenFilename メソッド ファイル名を取得するための、「ファイル …

FileDateTime 関数
ファイルのタイムスタンプを取得(FileDateTime 関数)

ファイルのタイムスタンプを取得 ファイルのタイムスタンプを取得するには、File …