ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルを挿入する(Insert メソッド)

      2015/08/26

Insert メソッド

Insert メソッドで、指定した場所に新規の空白セルを挿入することができます。このとき、元のセルは右方向または下方向へ移動(シフト)します。


【書式】

Object.Insert ( [ shift, copyorigin ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となるRange オブジェクト
  • shift  ・・・  シフト方向を表す定数(下表参照)を指定します。省略すると、セル範囲の形状に適応した方向にシフトされます。
  • copyorigin  ・・・  挿入したセルに書式設定をコピーする場合、どの方向(左・上方向 / 右・下方向)のセルの書式をコピーするかを指定します(指定する定数は、下表参照)。省略すると、左・上方向を表す定数が指定されます。


引数 shift に指定する値(シフト方向を表す定数:XlInsertShiftDirection 列挙)

定数 内容
xlShiftToRight -4161 右方向
xlShiftDown -4121 下方向
省略 セル範囲の形に応じてシフト方向が自動的に決定


引数 copyorigin に指定する値(書式をコピーする方向を表す定数:XlInsertFormatOrigin 列挙)

定数 内容
xlFormatFromLeftOrAbove 0 左または上方向のセルの書式をコピー(規定値)
xlFormatFromRightOrBelow 1 右または下方向のセルの書式をコピー



Insert メソッドの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBA実行前

サンプルVBA実行前(コピー元シート)

Insert メソッド 例01

サンプルVBA実行

Insert メソッド例02




 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オートフィルタ(アイコンで抽出する)AutoFilter メソッド

オートフィルタ(アイコンで抽出する) Excel 2007 から、条件付き書式で …

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

Areas コレクション の使い方 複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合 …

オートフィルタ(抽出条件で使用できる演算子・記号)AutoFilter メソッド

AutoFilter メソッド 【書式】 object.AutoFilter ( …

セル・セル範囲をコピーする(Copy メソッド)

Copy メソッド Copy メソッドは、セル範囲をコピーし、指定したセル範囲に …

数式を設定・取得する(Formula プロパティ・FormulaR1C1 プロパティ)

Formula プロパティ(FormulaR1C1 プロパティ) Formula …

列名・列番号取得 使用例
列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

列番号を取得する セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」&#8 …

入力規則(他セルや数式を利用して許容値を設定)Validation オブジェクト

他のセルや数式を利用して許容値を設定する 入力規則(その5) での設定を、マクロ …

ReferenceStyle プロパティ 例01
A1参照形式、R1C1参照形式の設定・取得(ReferenceStyle プロパティ)

ReferenceStyle プロパティ ReferenceStyle プロパテ …

セルを参照する(Cells プロパティ)

Cells プロパティ Cells プロパティは、ワークシートの行番号と列番号を …

StandardWidth プロパティ・StandardHeight プロパティ 例01
セル幅・高さの既定値(StandardHeight プロパティ・StandardWidth プロパティ)

StandardHeight プロパティ・StandardWidth プロパティ …