ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

別シートのセルを選択(Goto メソッド / PreviousSelections プロパティ)

   

Goto メソッド

次の例のように、1 行で、Activate メソッドSelect メソッド で、別シートのセルを選択しようとすると エラー になります。

 (例)現在は、「Sheet1」が選択されている状態
  Worksheets(“Sheet2”).Range(“A1”).Activate    (⇒ エラー)
  Worksheets(“Sheet2”).Range(“A1”).Select     (⇒ エラー)

Goto メソッドを使用するとこれが可能になります。

  Application.Goto Worksheets(“Sheet2”).Range(“A1”)


【書式】

object.Gotoreference ,scroll


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • reference  ・・・  移動先のRange オブジェクトを指定します。省略すると、直前に Goto メソッドを使用した時のセル範囲となります。
  • scroll  ・・・  True を指定すると、移動先のセル範囲の左上端が、ウインドウの左上端に表示されるようにスクロールします。False を指定するとスクロールしません。省略可(既定値は、False)。


Goto メソッドを実行すると実行直前に選択しているセル範囲(移動前のセル範囲)が、PreviousSelections プロパティの 1 番目の要素に追加されます。

Goto メソッドで、引数 reference を省略して実行した場合、PreviousSelections プロパティの 1 番目の要素へ移動します。



PreviousSelections プロパティ

[名前] ボックスを使ってセルまたはセル範囲にジャンプしたり、[編集] メニューの [ジャンプ] をクリックしたり、マクロ(VBA)の Goto メソッドを呼び出したりすると、移動前のセル範囲配列の 1 番目の要素として追加されます。配列の他の要素は、1 つずつ後ろに送られます。最大 4 個のセル範囲を保存することができます。


【書式】

object.PreviousSelections ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  配列のインデックス番号( 1 ~ 4 )を指定します。




Goto メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Goto メソッド 例


 - セルの操作 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Validation オブジェクト 使用例5
入力規則(日本語入力)Validation オブジェクト,IMEMode プロパティ

IMEMode プロパティ Validation.IMEMode プロパティ を …

コメントの設定(Comments, Comment, AddComment, ClearComment)

コメントの設定 セルにコメントを新規に挿入するには、AddComment メソッ …

セルの値を置換(Replace メソッド)

Replace メソッド 任意のセル範囲内から特定の値を一括して置換します。Fi …

テーマカラーで網かけ(パターン)の色の取得・設定(PatternThemeColor プロパティ・PatternTintAndShade プロパティ)

PatternThemeColor プロパティ・PatternTintAndSh …

セルの表示形式を設定・取得する(NumberFormat プロパティ)

NumberFormat プロパティ NumberFormat プロパティは、現 …

引数に指定したセル範囲の共通のセル範囲を取得(Intersect メソッド)

Intersect メソッド Intersect メソッドは、引数に指定したセル …

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value プロパティ)

Value プロパティ Value プロパティは、セルの値を取得したり、値を設定 …

並べ替え(Sort オブジェクト, SortFields コレクション)

Sort オブジェクトによる並べ替え Excel 2007 以降のバージョンでの …

入力規則(エラーメッセージの設定)Validation オブジェクト

無効値を入力時に、エラーメッセージの表示 Validation.ShowErro …

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …