ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

   

InStrRev 関数

任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見つかった場合、任意の文字列の先頭からの位置を返します。
任意の文字列の先頭から検索する場合は、InStr 関数・InstrB 関数 を使います(文字列:文字列を検索してその最初の文字位置を返す(InStr 関数,InStrB 関数) を参照)。


【書式】

result = InStrRev ( string1, string2 [, start, compare ] )


引数・戻り値

  • string1  ・・・  検索対象の文字列・文字列式を指定します(省略不可)。
  • string2  ・・・  引数 string1 内で、検索する文字列を指定します(省略不可)。
  • start  ・・・  検索の開始位置を指定します。省略すると -1 が使用され、最後の文字位置から検索を開始します。引数 start に Null 値が含まれると、エラーになります。
  • compare  ・・・  文字列式を評価するときに使用する文字列比較のモードを表す VbCompareMethod 列挙型の定数またはその値を指定します。省略すると、バイナリモード(vbBinaryCompare)で比較が行われます。
    定数 内容
    vbBinaryCompare 0 バイナリモードの比較
    vbTextCompare 1 テキストモードの比較(大文字・小文字を同一視)

  • result  ・・・  InStrRev 関数の戻り値。
    内容 戻り値
    string1 が長さ 0 の文字列 (“”) のとき 0
    string1 が Null 値のとき Null 値
    string2 が長さ 0 の文字列 (“”) のとき start
    string2 が Null 値のとき Null 値
    string2 が見つからないとき 0
    string2string1 内で見つかったとき 見つかった文字列の位置
    start の値がstring2 の文字数より大きいとき 0



InStrRev 関数 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

InStrRev 関数



 - VBA基本 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

書式を変換(Format 関数)

Format 関数の使い方 【書式】 result = Format ( exp …

ポイント単位の値に変換(CentimetersToPoints,InchesToPoints)

CentimetersToPoints メソッド センチメートル単位の値をポイン …

オブジェクトの書式をクリアする(ClearFormats メソッド)

ClearFormats メソッド 対象となるオブジェクトの書式(スタイル)を初 …

DoEvents 関数 UserForm の設定
CPU に制御を移す(DoEvents 関数)

DoEvents 関数 DoEvents 関数を実行すると、CPU に制御を移し …

変数がオブジェクト型かどうかをチェックする( IsObject 関数 )

IsObject 関数の使い方 【書式】 result = IsObject ( …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

Mid ステートメント 例
文字列:文字列変数内の一部を置き換える(Mid・MidB ステートメント)

Mid・MidB ステートメントの使い方 【書式】 { Mid | MidB } …

文字列:指定した数の空白(スペース)からなる文字列を返す(Space 関数)

Space 関数 【書式】 result = Space ( number ) …