ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

TextStream ファイルの位置(AtEndOfLine,AtEndOfStream,Column,Line)

   

AtEndOfLine プロパティ

開いたファイル(TextStream ファイル)の現在の読み込み位置が行末かどうかを確認します。


【書式】

<取得>
object.AtEndOfLine


引数・戻り値

  • object  ・・・  TextStream オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  ファイルポインタの位置が行末マーカーの直前の場合は、True、行末マーカーの直前ではない場合は、False を返します。

このプロパティは、読み取り用に開かれている TextStream ファイルに対してのみ適用されます。それ以外の場合は、エラーが発生します。



AtEndOfStream プロパティ

開いたファイル(TextStream ファイル)の現在の読み込み位置がファイルの末尾かどうかを確認します。


【書式】

<取得>
object.AtEndOfStream プロパティ


引数・戻り値

  • object  ・・・  TextStream オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  ファイルポインタの位置が TextStream ファイルの末尾の場合は、True、末尾ではない場合は、False を返します。

このプロパティは、読み取り用に開かれている TextStream ファイルに対してのみ適用されます。それ以外の場合は、エラーが発生します。



Column プロパティ

開いたファイル(TextStream ファイル)の現在の列番号を確認します。


【書式】

<取得>
object.Column プロパティ


引数・戻り値

  • object  ・・・  TextStream オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  ファイルポインタの現在の文字位置(行頭からの文字数)を返します。

改行文字が書き込まれた後、他の文字が書き込まれる前は、Column は 1 になります。



Line プロパティ

開いたファイル(TextStream ファイル)の現在の行番号を確認します。


【書式】

<取得>
object.Line


引数・戻り値

  • object  ・・・  TextStream オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  ファイルポインタの現在の行位置を返します。

ファイルが開かれた当初および何かが書き込まれる前は、Line は 1 です。



AtEndOfLine,AtEndOfStream,Column,Line 使用例

サンプルVBAソース 1


実行結果

FSO AtEndOfLine プロパティ Line プロパティ


サンプルVBAソース 2


実行結果

FSO AtEndOfStream プロパティ



 - FileSystemObject , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

FSO Drives プロパティ
FileSystemObject:ドライブを取得する(Drives プロパティ)

ドライブ(Drives コレクション)を取得する(Drives プロパティ) F …

FileSystemObject:Folder オブジェクトの取得

Folder オブジェクトの取得 Folder オブジェクト を取得するには、F …

FSO Files プロパティ
FileSystemObject:フォルダ内のすべてのファイルを取得(Files プロパティ)

フォルダ内のすべてのファイルを取得(Files プロパティ) フォルダ内のすべて …

FSO Type プロパティ
FileSystemObject:フォルダやファイルの種類を調べる(Type プロパティ)

フォルダやファイルの種類を取得(Type プロパティ) FileSystemOb …

FileSystemObject:ファイルの存在確認(FileExists メソッド)

ファイルの存在確認(FileExists メソッド) FileSystemObj …

FSO CreateTextFile メソッド
FileSystemObject:テキストファイルを作成(CreateTextFile メソッド)

テキストファイルを作成(CreateTextFile メソッド) FileSys …

FSO DriveExists メソッド
FileSystemObject:ドライブの存在確認(DriveExists メソッド)

ドライブの存在確認(DriveExists メソッド) FileSystemOb …

FileSystemObject:ファイルを移動する(MoveFile)

ファイルを移動する(MoveFile メソッド) FileSystemObjec …

FSO GetTempName メソッド
FileSystemObject:一時ファイルの名前を自動的に作成(GetTempName)

一時ファイルの名前を自動的に作成(GetTempName メソッド) FileS …

FSO Drive プロパティ
FileSystemObject:ファイル・フォルダが存在するドライブを取得(Drive プロパティ)

ファイル・フォルダが存在するドライブを取得(Drive プロパティ) FileS …