ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

数式バーの設定(DisplayFormulaBar, FormulaBarHeight)

      2016/01/12

数式バーの設定

数式バーの表示・非表示の設定を行うには、DisplayFormulaBar プロパティを使用します。設定にはブール型(Boolean)の値を使用します。
また、数式バーの高さを設定するには、FormulaBarHeight プロパティを使用します。設定は、長整数型(Long)の値を使用し、数式バーの高さを行数で指定します。
数式バー内の数式や文字を非表示にするには、数式を非表示にする(FormulaHidden プロパティ)を参照してください。


DisplayFormulaBar プロパティ

【書式】

<取得>
object.DisplayFormulaBar

<設定>
object.DisplayFormulaBar = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  True を指定すると数式バーを表示、False を指定すると数式バーを非表示にします。


FormulaBarHeight プロパティ

【書式】

<取得>
object.FormulaBarHeight

<設定>
object.FormulaBarHeight = long


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • long  ・・・  数式バーの高さを行数を長整数型(Long)の値で指定します。

FormulaBarHeight の指定された値が表示可能なウィンドウ領域より大きい場合、数式バーはウィンドウの高さと同じになるようサイズ変更されます。

Excel 2007 から数式バーの高さを変更できるようになったので、FormulaBarHeight プロパティを使用できるのは、Excel 2007 以降のバージョンのみです。



DisplayFormulaBar 、FormulaBarHeight 使用例

サンプルVBAソース 1


実行結果

Sub Sample01_DisplayFormulaBar() を実行(数式バーを非表示)

数式バーを非表示

Sub Sample02_DisplayFormulaBar() を実行(数式バーを表示)

数式バーを表示



サンプルVBAソース 2


実行結果

数式バーの高さを設定



 - ブック・シートの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブックを閉じる(Close メソッド)

ブックを閉じる(Close メソッド) Close メソッド で、ブックを閉じる …

ブックのファイル形式を調べる(FileFormat プロパティ)

ブックのファイル形式を調べる(FileFormat プロパティ) 指定したブック …

SaveCopyAs メソッド
ブックのコピーを保存(SaveCopyAs メソッド)

SaveCopyAs メソッド SaveCopyAs メソッド は、現在開いてい …

印刷する用紙の向きを設定(PageSetup.Orientation プロパティ)

PageSetup.Orientation プロパティ PageSetup.Or …

ステータスバーにメッセージを表示(StatusBar プロパティ)

StatusBar プロパティ StatusBar プロパティで、ステータスバー …

SheetsInNewWorkbook プロパティ 使用例
ブック作成時のシート数の取得・設定(SheetsInNewWorkbook プロパティ)

SheetsInNewWorkbook プロパティ Excel で新規ブックに自 …

ウィンドウのタイトル(Window.Caption プロパティ)

ウィンドウのタイトル(Caption プロパティ) Windows.Captio …

ページ数に合わせて印刷(FitToPagesTall, FitToPagesWide)

PageSetup.FitToPagesTall プロパティ PageSetup …

印刷の倍率(拡大/縮小)(PageSetup.Zoom プロパティ)

PageSetup.Zoom プロパティ PageSetup.Zoom プロパテ …

ブックを参照(Workbooks プロパティ,Windows プロパティ)

アクティブなワークブックを参照 現在使用中のワークブック、複数ある場合は一番手前 …