ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

FileDialog オブジェクトを取得する(FileDialog プロパティ)

      2016/03/09

FileDialog プロパティ

FileDialog オブジェクト を取得します。引数に、ダイアログボックスの種類を表す MsoFileDialogType 列挙型 の定数を指定します。
実際にダイアログボックスを表示したり、指定したファイルを開いたりするには、FileDialog オブジェクトShow メソッドExecute メソッド を使用します。
FileDialog オブジェクト に関する詳細は、「ファイル」のダイアログボックスを表示(FileDialog オブジェクト) を参照して下さい。


【書式】

object.FileDialog ( filedialogtype )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • filedialogtype  ・・・  ダイアログボックスの種類を表す MsoFileDialogType 列挙型の定数またはその値を指定します。
    定数 内容
    msoFileDialogOpen 1 「ファイルを開く」ダイアログボックス
    msoFileDialogSaveAs 2 「名前を付けて保存」ダイアログボックス
    msoFileDialogFilePicker 3 「参照」ダイアログボックス(ファイルを選択)
    msoFileDialogFolderPicker 4 「参照」ダイアログボックス(フォルダを選択)



FileDialog プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Sample_FileDialogProperty を実行

FileDialog プロパティ 01

「test.xlsx」を選択して「開く」をクリック

FileDialog プロパティ 02



 - Excel・ファイルの操作 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「名前を付けて保存」ダイアログボックスを表示(GetSaveAsFilename メソッド)

GetSaveAsFilename メソッド 「名前を付けて保存」ダイアログボッ …

Put ステートメント Binary モード 01
テキストファイル:データを書き込む(Put ステートメント)

Put ステートメント Open ステートメント をランダムアクセスモード(Ra …

特殊フォルダ
特殊フォルダを取得(wsh.SpecialFolders)

CreateObject 関数:特殊フォルダを取得(WSH.SpecialFol …

テキストファイル:データを書き込む(Print # ステートメント)

Print # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …

Open ステートメントで使用できるファイル番号を取得(FreeFile 関数)

FreeFile 関数 Open ステートメントで使用するファイル番号( 1 ~ …

Dir 関数 01
ファイルの検索・フォルダ内のファイル一覧を取得(Dir 関数)

Dir 関数 Dir 関数で、ファイルの存在を確認したり、指定したフォルダ内のフ …

no image
XlBuiltInDialog 列挙型

XlBuiltInDialog 列挙型 Excel の組み込みダイアログボックス …

RmDir ステートメント 00
ディレクトリまたはフォルダの削除(RmDir ステートメント)

ディレクトリまたはフォルダの削除 ディレクトリまたはフォルダを削除するには、Rm …

Open ステートメント・Close ステートメント
テキストファイル(Open ステートメント・Close ステートメント)

新規ブックを開かずにテキストファイルを開く OpenText ステートメント を …

Width # ステートメント
テキストファイル:出力する 1 行の幅を設定(Width # ステートメント)

Width # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …