ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

FileDialogFilters コレクション・FileDialogFilter オブジェクト

      2016/05/21

FileDialogFilters コレクション

FileDialog オブジェクトを使用して表示される「ファイル」のダイアログボックスで選択できるファイルの種類を表す FileDialogFilter オブジェクトのコレクションです。FileDialogFilters コレクションを取得するには、 FileDialog オブジェクトFilters プロパティを使用します。



FileDialogFilters コレクションの主なプロパティ


Count プロパティ

FileDialogFilters コレクション内の項目の数を取得します。読み取り専用。


【書式】

<取得>
object.Count


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilters オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  FileDialogFilters コレクション内の項目の数を示す長整数型(Long)の値。


FileDialogFilters コレクションの主なメソッド


Add メソッド

「ファイル」ダイアログボックスのファイルの一覧に、新しいファイルの種類を追加します。


【書式】

object.Add ( description, extensions, position )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilters オブジェクトを指定します。
  • description  ・・・  ダイアログボックスのフィルタの一覧に追加するファイル名拡張子を説明するテキストを指定します。
      (例)description:=”テキストファイル”
  • extensios  ・・・  ダイアログボックスのフィルタの一覧に追加するファイル名の拡張子を表すテキストを指定します。複数の拡張子を指定する場合は、セミコロンで区切ります。
      (例)extensions:=”*.txt;*.csv”
  • position  ・・・  ダイアログボックスのフィルタの一覧に挿入する位置を表す数値を指定します。新しいフィルタは、この位置にあるフィルタの直前に挿入されます。省略すると、フィルタの一覧の末尾に追加されます。
  • 戻り値  ・・・  新しく追加されたファイルフィルタを表す FileDialogFilter オブジェクト

Clear メソッド

「ファイル」ダイアログボックスに現在適用されているすべてのファイルフィルタを削除します。


【書式】

object.Clear


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilters オブジェクトを指定します。

Item メソッド

指定した FileDialogFilters コレクションのメンバーである FileDialogFilter オブジェクトを取得します。


【書式】

<取得>
object.Item ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilters オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  ダイアログボックスのファイルフィルタの一覧の位置を表す数値を指定します。
  • 戻り値  ・・・  ダイアログボックスに表示される、引数 index で指定した位置にあるファイルフィルタ(FileDialogFilter オブジェクト)。


FileDialogFilter オブジェクト

ファイル(「ファイルの参照」「フォルダの参照」「ファイルを開く」「名前を付けて保存」)のダイアログボックスに表示されるファイルフィルタを表します。FileDialogFilter オブジェクトを取得するには、FileDialogFilters コレクションItem メソッドを使用します。


【書式】

<取得>
object.Item ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilters オブジェクトを指定します。


FileDialogFilter オブジェクトの主なプロパティ


Description プロパティ

ファイルダイアログボックスに表示されるファイルフィルタの説明を取得します。読み取り専用です。


【書式】

<取得>
object.Description


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilter オブジェクトを指定します。

Extensions プロパティ

ファイルダイアログボックスに表示されるファイルフィルタの拡張子を取得します。読み取り専用です。


【書式】

<取得>
object.Extensions


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる FileDialogFilter オブジェクトを指定します。


FileDialogFilter オブジェクト・FileDialogFilters コレクション 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

FileDialogFilter01

FileDialogFilter 02



 - Excel・ファイルの操作 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Seek ステートメント 1-1
開いているファイルの読み取り位置または書き込み位置を設定(Seek ステートメント)

Seek ステートメント Open ステートメント で開いているファイルで、次に …

Open ステートメントで使用できるファイル番号を取得(FreeFile 関数)

FreeFile 関数 Open ステートメントで使用するファイル番号( 1 ~ …

no image
組み込みダイアログボックスの引数一覧

組み込みダイアログボックスの引数一覧 Excel の組み込みダイアログボックスを …

Write # ステートメント 00
テキストファイル:データを書き込む(Write # ステートメント)

Write # ステートメント Open ステートメント をシーケンシャル出力モ …

「ファイルを開く」ダイアログボックス(FindFile メソッド)

FindFile メソッド 「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示します。G …

Open ステートメント・Close ステートメント
テキストファイル(Open ステートメント・Close ステートメント)

新規ブックを開かずにテキストファイルを開く OpenText ステートメント を …

Excelでテキストファイルを開く(OpenText メソッド)

Excelでテキストファイルを開く OpenText メソッドで、テキストファイ …

「ファイル」ダイアログボックスを表示・設定(FileDialog オブジェクト)

FileDialog オブジェクト FileDialog オブジェクト のメソッ …

特殊フォルダ
特殊フォルダを取得(wsh.SpecialFolders)

CreateObject 関数:特殊フォルダを取得(WSH.SpecialFol …

「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示(GetOpenFilename メソッド)

GetOpenFilename メソッド ファイル名を取得するための、「ファイル …