ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:数値から日付・時刻データを取得( DateSerial 関数、TimeSerial 関数 )

   

DateSerial 関数(数値を使って日付データを取得)


【書式】

date = DateSerial ( year, month, day )


引数・戻り値

  • year  ・・・  年を表す 100 ~ 9999 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • month  ・・・  月を表す 1 ~ 12 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • day  ・・・  日を表す 1 ~ 31 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • date  ・・・  引数に指定した年、月、日に対応するバリアント型(内部処理形式 Date)の値。

引数 year, month, day に指定する値が、上記範囲外の場合でもエラーとはならず、その値・他の引数にしたがって計算されてしまうので注意が必要です。
(例)year 15, month -1, day 300 と指定すると戻り値は「2015/8/27」となります。



TimeSerial 関数(数値を使って時刻データを取得)


【書式】

time = TimeSerial ( hour, minute, second )


引数・戻り値

  • hour  ・・・  時を表す 0 ~ 23 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • minute  ・・・  分を表す 0 ~ 59 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • second  ・・・  秒を表す 0 ~ 59 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • time  ・・・  引数に指定した時、分、秒に対応するバリアント型(内部処理形式 Date)の値。

引数 hour, minute, second に指定する値が、上記範囲外の場合でもエラーとはならず、その値・他の引数にしたがって計算されてしまうので注意が必要です。
(例)hour -1, minute 100, second 0 と指定すると戻り値は「0:40:00」となります。



DateSerial 関数、TimeSerial 関数の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

DateSerial 関数 TimeSerial 関数 使用例




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

VBAの変数宣言

VBAの変数宣言について 変数を暗黙的に宣言する エクセル VBA の場合、明示 …

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

Tab 関数 01
出力位置、書き込み位置を設定(Tab 関数)

出力位置、書き込み位置を設定 Tab 関数 は、Print メソッド、または P …

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort)

VBAでリスト、テーブルを並べ替える(Sort) VBAで、ソートを行うには、S …

IgnoreCase プロパティ
VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクトのプロパティ)

RegExp オブジェクトのプロパティ RegExp オブジェクトの詳細に関して …

Randomize 関数 例1
乱数ジェネレータを初期化 (乱数系列を再設定) する(Randomize ステートメント)

Randomize ステートメントの使い方 Rnd 関数 を使用する前に使用しま …

Const ステートメント
ユーザー定義定数(Const ステートメント)

定数を使う ユーザー定義の定数を使用するには、Const ステートメントを使って …