ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:数値から日付・時刻データを取得( DateSerial 関数、TimeSerial 関数 )

   

DateSerial 関数(数値を使って日付データを取得)


【書式】

date = DateSerial ( year, month, day )


引数・戻り値

  • year  ・・・  年を表す 100 ~ 9999 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • month  ・・・  月を表す 1 ~ 12 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • day  ・・・  日を表す 1 ~ 31 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • date  ・・・  引数に指定した年、月、日に対応するバリアント型(内部処理形式 Date)の値。

引数 year, month, day に指定する値が、上記範囲外の場合でもエラーとはならず、その値・他の引数にしたがって計算されてしまうので注意が必要です。
(例)year 15, month -1, day 300 と指定すると戻り値は「2015/8/27」となります。



TimeSerial 関数(数値を使って時刻データを取得)


【書式】

time = TimeSerial ( hour, minute, second )


引数・戻り値

  • hour  ・・・  時を表す 0 ~ 23 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • minute  ・・・  分を表す 0 ~ 59 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • second  ・・・  秒を表す 0 ~ 59 の範囲の数値・数式(Integer)を指定します。
  • time  ・・・  引数に指定した時、分、秒に対応するバリアント型(内部処理形式 Date)の値。

引数 hour, minute, second に指定する値が、上記範囲外の場合でもエラーとはならず、その値・他の引数にしたがって計算されてしまうので注意が必要です。
(例)hour -1, minute 100, second 0 と指定すると戻り値は「0:40:00」となります。



DateSerial 関数、TimeSerial 関数の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

DateSerial 関数 TimeSerial 関数 使用例




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Join 関数
Join 関数(配列の要素を結合)

Join 関数 1次元配列の各要素を指定した区切り文字で連結します。 【書式】 …

配列(宣言・要素数の変更について)

配列の宣言 【書式】※ 配列の宣言 <Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言 …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

乱数(Rnd 関数)例1
乱数を生成する(Rnd 関数)

Rnd 関数の使い方 Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動 …

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得) 【書式】 result …

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

Spc 関数 01
指定した数のスペースを挿入する(Spc 関数)

指定した数のスペースを挿入 指定した数のスペースを挿入するには、Spc 関数を使 …

Split 関数(文字列型の一次配列を作成)

Split 関数の使い方 【書式】 myArray = Split ( expr …

文字列:文字列の指定した位置から指定文字数取得(Mid 関数,MidB 関数)

Mid 関数・MidB 関数 の使い方 【書式】 result_mid = Mi …