ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

入力規則(エラーメッセージの設定)Validation オブジェクト

   

無効値を入力時に、エラーメッセージの表示

Validation.ShowError プロパティTrue に設定すると、ユーザーが無効なデータを入力した時、入力規則でのエラーメッセージが表示されます。


【書式】

object.ShowError = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Validation オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値(True または、False)を指定します。



入力規則でのエラーメッセージの種類を取得

Validation.AlertStyle プロパティ は、入力規則でのエラーメッセージの種類を長整数型(Long)の値(XlDVAlertStyle 列挙型 を使用)を返します。取得のみ可能です。設定は、Validation.Add メソッド で行います。


【書式】

object.AlertStyle


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Validation オブジェクトを指定します。



入力規則のエラーメッセージのタイトルを設定

Validation.ErrorTitle プロパティ で、エラー発生時に表示されるダイアログボックスのタイトルを設定することができます。


【書式】

object.ErrorTitle = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Validation オブジェクトを指定します。
  • string  ・・・  エラーダイアログボックスに表示されるタイトルを設定します。文字列型(String)の値を使用します。(※ 値の取得および設定が可能です。)



入力規則のエラーメッセージを設定

Validation.ErrorMessage プロパティ で、エラーメッセージの設定を行います。


【書式】

object.ErrorMessage = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Validation オブジェクトを指定します。
  • string  ・・・  エラーメッセージの設定を行います。文字列型(String)の値を使用します。(※ 値の取得および設定が可能です。)



入力規則(エラーメッセージ)使用例

サンプルVBAソース


実行結果

範囲外の値を入力

Validation プロパティ 使用例4


 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

セルの幅・高さの自動調整(AutoFit メソッド)

AutoFit メソッド AutoFit メソッドは、指定したセル・セル範囲(R …

A1 形式と R1C1 形式を変換、相対参照と絶対参照を変換(ConvertFormula)

ConvertFormula メソッド 数式で参照しているアドレスの相対参照と絶 …

書式で検索(Find メソッド,FindFormat プロパティ)

書式で検索 書式を条件にセルを検索する場合、まず、その書式条件を CellFor …

セルのアドレスを確認(Address プロパティ)

Address プロパティ Address プロパティ・AddressLocal …

次の検索(FindNext メソッド,FindPrevious メソッド)

FindNext メソッド Find メソッドで開始された検索を継続します。引数 …

ShrinkToFit プロパティ 例
文字列を縮小して全体を表示(ShrinkToFit プロパティ)

ShrinkToFit プロパティ ShrinkToFit プロパティは、セルに …

オートフィルタ(抽出条件で使用できる演算子・記号)AutoFilter メソッド

AutoFilter メソッド 【書式】 object.AutoFilter ( …

セル・セル範囲をコピーする(Copy メソッド)

Copy メソッド Copy メソッドは、セル範囲をコピーし、指定したセル範囲に …

Goto メソッド
指定したセルへ移動(Goto メソッド)

指定したセルへ移動 指定したシートの指定したセルへジャンプするには、Goto メ …

セルの位置を取得(Left プロパティ、Top プロパティ)

Left プロパティ・Top プロパティ Left プロパティは、「A列」の左端 …