ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

コレクション(Collection)オブジェクト「連想配列」

   

コレクション(Collection)オブジェクトの使い方


【書式】

Dim myCollection As Collection

Set myCollection = New Collection


コレクションを利用するため、変数を Collection 型で宣言し、New ステートメントを使用して、Collection オブジェクトをセットします。

コレクション(Collection)オブジェクトは、要素(myItem)とそれを取り出すためのキー(Key)を持ち、簡単な連想配列として使用できます。


【メソッド】

myCollection.Add ( myItem [, Key, Before, After ] )

myCollection.Remove ( { Index | Key } )

myItem = myCollection.[ Item ] ( { Index | Key } )


【プロパティ】

ItemCount = myCollection.Count


【各項目の説明】

  • myCollection  ・・・  コレクション( Collection )オブジェクト
  • myItem  ・・・  コレクション( Collection )に追加するメンバ(要素)
  • Before  ・・・  Add メソッド 使用時、ここで指定したインデックス番号のメンバ(要素)の前に追加します。(省略可)
  • After  ・・・  Add メソッド 使用時、ここで指定したインデックス番号のメンバ(要素)の後に追加します。(省略可)
  • Index  ・・・  コレクション( Collection )のメンバ(要素)の位置(インデックス番号)
  • Key  ・・・  コレクション( Collection )のメンバ(要素)を取り出すときに使用する名前で文字列で指定します。Add メソッド 使用時、省略した場合は、Item メソッド で取り出すときインデックス番号( Index )しか使用できません。また、数値を指定するとエラーになります(CStr 等の型変換関数で、文字列型にすると設定でいます)。
  • ItemCount  ・・・  コレクション( Collection )のメンバ(要素)数

Item メソッドは、コレクション( Collection )の規定メソッドなので、「Item」は省略することができます。

Add メソッド を利用して追加したメンバ(要素)には、自動的に1から始まるインデックス番号がつけられます。

Add メソッド で、メンバ(要素)を追加する際、すでに設定されている「キー」(Key )を設定してしまうとエラーが発生します。



コレクション(Collection)使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Collection 01a

Collection 01b


サンプルVBAソース


実行結果

Collection 02




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Array 関数(1)
Array 関数(バリアント型の配列を作成)

Array 関数の使い方 【書式】 myArray = Array ( elem …

RGB値一覧表
RGB 値一覧表(XlRgbColor 列挙型)

RGB 値(XlRgbColor 列挙型)一覧表 RGB 関数を使用して、出力さ …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …

オートシェイプの種類を表す定数
オートシェイプの種類を表す定数(MsoAutoShapeType 列挙型)

MsoAutoShapeType 列挙型 オートシェイプオブジェクトの図形の種類 …

Erase ステートメント(配列の初期化・動的配列のメモリ解放)

Erase ステートメントの使い方 【書式】 Erase myArray [, …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

対象のオブジェクトをクリアする(Clear メソッド)

Clear メソッド 対象となるオブジェクト全体をクリアします。Range オブ …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …

色の設定(ThemeColor プロパティ・TintAndShade プロパティ)

ThemeColor プロパティ・TintAndShade プロパティ テーマカ …