ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

VBA の演算子(算術演算子)

   

算術演算子

算術演算を行うときに使用する演算子です。
^(べき乗)、*(積)、/(商)、\(商)、+(和)、-(差)、Mod(剰余)


^ 演算子

数値のべき乗を求めます

【書式】

result = number ^ exponent


項目の説明

  • number  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • exponent  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

1 つの式の中で複数の指数演算が行われるときは、^ 演算子は左から右の順に評価されます。

number または exponent のいずれかが Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

* 演算子

数値の積を求めます

【書式】

result = number1 * number2


項目の説明

  • number1,number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します

一方または両方の式が Null 値のとき、resultNull 値になります。

Empty 値を持つ式は、0 として扱われます。


/ 演算子

2つの数値の商を求めます

【書式】

result = number1 / number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

演算結果( result )のデータ型は、通常は倍精度浮動小数点数型( Double )または内部処理形式が倍精度浮動小数点数型のバリアント型( Variant )となります。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。


\ 演算子

2つの数値の商を求めます(結果は整数)

【書式】

result = number1 \ number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

演算結果( result )は、整数となります(小数部分は切り捨て)。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。


+ 演算子

2つの数値の和を求めます

【書式】

result = expression1 + expression2


項目の説明

  • expression1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • expression2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

expression1 または expression2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

両方の式が Empty 値 を持つ場合、result は整数型となります。一方の式のみが Empty 値 の場合、他方の式がそのまま result となります。

expression1expression2 の両方が、文字列型( String )、または、一方が文字列型で他方がバリアント型( Variant )、また両方がバリアント型で両方の内部処理形式が文字列型の場合に行われる演算方法は、「文字連結」となります。


– 演算子

数値のべき乗を求めます

【書式】

result = number1 number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。




Mod 演算子

2 つの数値の除算を行い、その剰余を返します

【書式】

result = number1 Mod number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

result は、number1number2 で除算した時の余りとなります。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。

数式( number1number2 )の中の浮動小数点数は整数に丸められます。
  (例)result = 10 mod 3.5
result は、「2」になります。




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

ショートカットメニュー
ショートカットメニュー(CommandBar オブジェクト)

ショートカットメニュー(コンテキストメニュー) 右クリックで表示されるメニューの …

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

多次元配列 【書式】 多次元配列の宣言 <静的配列(固定長配列)> Dim my …

UBound LBound 関数 使用例01
配列の要素数を取得する(UBound 関数・LBound 関数)

UBound 関数・LBound 関数 【書式】 result = UBound …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得) 【書式】 result …

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

Tab 関数 01
出力位置、書き込み位置を設定(Tab 関数)

出力位置、書き込み位置を設定 Tab 関数 は、Print メソッド、または P …