ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:日付から曜日を取得( Weekday 関数、WeekdayName 関数 )

      2015/08/26

Weekday 関数(日付から曜日を表す数値を返す)の使い方


【書式】

weekday_number = Weekday ( date [, firstdayofweek ] )


引数・戻り値

  • date  ・・・  日付を表す文字列・数値を指定します。
  • firstdayofweek  ・・・  週の第 1 日目の曜日(定数:下表参照)を指定します。省略すると、定数 vbSunday を指定したとみなされます。
  • weekday_number  ・・・  何曜日であるかを表す整数を表すバリアント型 (内部処理形式 Integer) の値。1 ~ 7 の数値で、引数 firstdayofweek の値によって結果は変化します。( firstdayofweek で指定した曜日を「1」とした結果を返します。)

引数の date が Null 値を含む場合は、Null 値を返します。

曜日を表す定数( firstdayofweek

定数 内容
0 vbUseSystem NLS(システムの各国対応)APIの設定値を使用
1(既定値) vbSunday 日曜
2 vbMonday 月曜
3 vbTuesday 火曜
4 vbWednesday 水曜
5 vbThursday 木曜
6 vbFriday 金曜
7 vbSaturday 土曜


WeekdayName 関数(日付から曜日名を返す)の使い方


【書式】

weekday_string = WeekdayName ( weekday_number [, abbreviate, firstdayofweek ] )


引数・戻り値

  • weekday_number  ・・・  曜日を示す数値を指定します。各曜日を表す数値は、引数の firstdayofweek の設定値によって異なります。
  • abbreviate  ・・・  曜日名を省略するかどうかを示すブール値( True:省略する / False:省略しない )を指定します(省略可 ⇒ 規定値:False)
  • firstdayofweek  ・・・  週の第 1 日目の曜日(定数:Weekday 関数「曜日を表す定数」参照)を指定します。省略すると、定数 vbSunday を指定したとみなされます。
  • weekday_string  ・・・  地域ごとの曜日を表す文字列。
    日本(abbreviate:False):「日曜日」「月曜日」「火曜日」…「土曜日」
    日本(abbreviate:True):「日」「月」「火」…「土」



Weekday 関数、WeekdayName 関数

サンプルVBAソース


実行結果

Weekday 関数・WeekdayName 関数 使用例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ショートカットメニュー
ショートカットメニュー(CommandBar オブジェクト)

ショートカットメニュー(コンテキストメニュー) 右クリックで表示されるメニューの …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

多次元配列 【書式】 多次元配列の宣言 <静的配列(固定長配列)> Dim my …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

Randomize 関数 例1
乱数ジェネレータを初期化 (乱数系列を再設定) する(Randomize ステートメント)

Randomize ステートメントの使い方 Rnd 関数 を使用する前に使用しま …

エラー(CVErr 関数・IsError 関数・Error 関数)

CVErr 関数(エラー番号をエラー値に変換する)の使い方 【書式】 retur …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得) 【書式】 result …

文字列:指定した数の空白(スペース)からなる文字列を返す(Space 関数)

Space 関数 【書式】 result = Space ( number ) …

データ型変換関数

データ型変換関数の使い方 【書式】 function ( expression …